The World of Tiffany

  1. hone
  2. fuckin' boy
  3. SAKURAI SHO
  4. 302
  5. talk to you
  6. thinking?
  7. orange
  8. heart interlude
  9. Tiffany

2019年を象徴する楽曲となった「Higher」のリリースや、観客を圧倒する数多くのショーケースで、いまジャンルを超えて東京で最も注目されている存在のMall Boyz。本作はTohjiと共にクルーを率い、ソロ活動でも大きな飛躍を遂げつつあるgummyboyの初となるMixtape。

これまで内省的なリリックと優しい特徴的なフロウが多かったgummyboyだが、先行リリースされている「f***in' boy」と「thinking?」では、新しい一面とレベルアップしたサウンドを既に聴かせてくれている。

本作「The World of Tiffany」では、これまでのgummyboyからは想像できなかった幅広いサウンドとフロウが収録されており、代名詞ともいえるリスナーの共感を生むリアルなリリックもレベルアップした形で聞くことができる。

「hone」から始まる前半3曲は2019年のMall Boyzの勢いを再現するかのような圧倒的な勢いが見られ、後半はgummyboyの真骨頂とも言えるメロウなサウンドが続く。最後に収録されている「Tiffany」では2019年を経たgummyboyの心情が丁寧に表現されたリリックが散りばめられており、全体を通してgummyboyというアーティストの圧倒的な成長が垣間見えつつ、今後にも期待できる内容になっている。

既に多くのライブアクトも決まっており、昨年よりも一層ソロ活動を活発化させているgummyboy。飛躍の年になるであろう2020年のスタートにふさわしい内容のMixtapeとなった。

gummyboy