トラックリスト

※ 試聴は反映までに時間がかかる場合があります。
※ 著作権管理団体が管理する楽曲は試聴できません。

メロディを思いついたのは1月下旬のカーリングシトーンズの合宿レコーディング中です。いつもと違う部屋で朝早く目覚めたらふと、浮かんできた。シトーンズの現場でしたから、『シトーンズのサンバ』と仮タイトルをつけ、他のメンバーが起き出してくるのを待ちながらスタジオでひとり、作業を始めたりしていました。結局、完成が危ぶまれていた別の曲が無事に仕上がり、この曲は僕の手元に残ったわけです。
どこでどんな形で発表することになるのか、自分でもまったくわからないままひとりでデモテープ作りを進めるうちに、ここ数年、Princeのライブ音源に触発されてFLYING KIDSのコンサートでラテンフレイバーのアレンジでファンクナンバーを披露していたこともあり、この曲で“ラテンとファンクの融合”を成立させ、それをFLYING KIDSの新機軸として打ち出すのはどうだろうという想いが僕の中で強くなっていきました。さらにワンマンコンサートが7月29日に決まったことで、「この曲を夏らしいエネルギッシュな新曲に仕立てて発表しよう!」と一気にスイッチが入りました。
アレンジは、ひとりでデモテープを作った僕が考えました。メンバーそれぞれが実力や魅力を十分に発揮できて、それでいて互いにちゃんと絡み合ったリズムやコーラスになるようにかなり緻密に考えました。ただ僕としては「このアレンジ、何も考えてないんじゃないの?」と思われる方が、正解だと思っています。なぜかその頃、頭の中に流れていた郷ひろみさんの『お嫁サンバ』がまさにそういう曲なんですよ。それをFLYING KIDSでもやりたかったんです。デモテープを聴いたメンバーも、その辺の狙いはすぐに理解してくれたみたいで、レコーディングでもテクニックは封印し、あえてシンプルな演奏をしてもらいました。
 歌のテーマは、深く考えないまま自分の中から出てきた“目の前で泣いているキミが正しい”というサビの言葉の意味を解きほぐして行く中で見えてきました。最初は恋愛の歌になりそうに思えてい担ですが、だんだん“ああ、これは生まれたことを肯定する歌になるんだな”と。『お嫁サンバ』繋がりで郷ひろみさんの曲から“億千万”というパンチのあるフレーズも拝借しています。
 世界情勢や社会情勢はなかなか厳しいものがありますが、重い現実に音楽が押しつぶされるのは嫌だし、あえてそこを突破して行くような力強さや今の自分の気持ちと願いみたいなものが込められた、エネルギッシュな曲になったと思います。

浜崎貴司

アーティスト情報

  • FLYING KIDS

    1988年結成。現在9人組ファンクバンド。 1989年、TBSの人気番組「平成名物TV・三宅裕司のいかすバンド天国」に出演。 3代目イカ天キングとして5週連続勝ち抜きを達成、初代グランドキングとなる。 1990年、シングル「幸せであるように」でメジャーデビュー。 その後、スマッシュヒットを連発。19枚のシングルと11枚のアルバムをリリースし、1998年に解散。 2007年に再結成し、新曲発表、ライブ、イベント出演など精力的に活動中。 FLYING KIDS結成30周年となった2018年は、アナログ盤リリース、原宿クロコダイル3か月連続ライブ、そして、フルアルバム『みんなあれについて考えてる』をリリース。 新メンバー加入で9人の大所帯となり、華やかにさらに勢いを加速させている。

    アーティストページへ


    FLYING KIDSの他のリリース

Mappa Duck