トラックリスト

  • Play music
  • Play music
  • Play music
  • Play music

※ 試聴は反映までに時間がかかる場合があります。
※ 著作権管理団体が管理する楽曲は試聴できません。

イーストサイド東京代表オルタナティブロックバンド・Awesome &roidと横浜産日本語マスロックEMOバンド・HaikiがスプリットEPをリリース!

Awesome &roidからはHaikiのgt/vo、クリスタル加藤がギタリストとして初めてfeat参加した80年代エモコアリスペクトなパンクチューン「Minecraft」と、90年代グランジリバイバルサウンドで暗い現代社会に産み落とされた"邦グランジ黙示文学狂詩曲"「Sponge B Rhapsody」の2曲。Haikiからはコロナ禍を通して地元・横浜とより深く向き合ったことで生まれた「横浜」と、バンド史上最も歌詞がコンパクトな直球ナードチューン「ナードマン」の2曲が収録。

今作はAwesome &roidメンバーが設立した自主レーベル〈Fujiwara Forever Records〉から初のリリースとなる。

過去プレイリストイン

Minecraft

Spotify • Edge! • 2021年1月8日 Spotify • New Music Everyday - tuneTracks (curated by TuneCore Japan) • 2021年1月9日

アーティスト情報

  • Haiki

    アーティストページへ

  • Awesome &roid

    Awesome &roid(オーサムアンドロイド)は、 Hori(Vocal/Guitar)とGoseki(Bass Guitar)からなる、千葉/東京を拠点に活動するオルタナティブロックバンド。00年代ポップパンク、90年代エモ/グランジ、80年代ハードコアなど、様々な年代のロックから影響を受けたキャッチーなサウンドは、日本、アメリカ、インドネシアなどのロックファンを中心に人気がある。 2017年結成。 同年自主制作盤Demoシングル「Ripndip」をライブ会場+一部ディストロ店舗にて販売し即完売。 翌年に4曲入りCD「Blue」をリリース。 自ら流通交渉を行い、自主制作ながらも日本各地で取り扱われる。 2019年11月に恐らく世界初となるシングルCD付きフリスビーをリリースし一部店舗を除き完売。 2021年、1月に横浜のインディーエモバンド"Haiki"とスプリットカセットテープをリリース。 コロナ禍の中、京東名阪のツアーを決行。 ツアーファイナル公演である新代田Feverをソールドアウトさせる。2021年9月にデジタルリリースした"Yesterday”は、2000年代ポップパンクリバイバルだと、国内、アメリカ、オーストラリアなどのロックファンの中で話題になる。2022年1月にファーストフルアルバム"FRIENDLY NEIGHBORHOOD"を、自主レーベルFujirara Forever Recordsからリリースし、キャリア初となる全国18箇所のツアーを成功させる。海外アーティストの来日サポートも精力的に行い、Petal、Carb On Carb、Clowns、Camp Cope、The Run Up などさまざまなアーティストをサポートする。 サポートメンバーとして佐藤貴大(gato)、中川航(AGATHA,Sans Visage)、高橋雄也(すなお)、伊藤勇太(EX-NOWEATHER)を迎えた4人体制でのライブ活動を行なっている。

    アーティストページへ


    Awesome &roidの他のリリース

Fujiwara Forever Records