真夏のいたずらのジャケット写真

歌詞

キラキラ

ザ・ラヂオカセッツ

キラキラ煌めいて見えたのは

想い出か、遥か未来なのか

答えはまた今日も出ないから

ただ君のこと想うよ

ユラユラ揺らめいて見えたのは

月明かりか、僕の心なのか

答えはまた今日も出ないから

ただ君のこと想うよ

このまま終わるのかな

過ぎ去る季節も、やがてくる明日も

考えることはたくさんあるのに

プカプカ浮かんでは消えたのは

溜め息か、煙草の煙なのか

答えはまた今日も出ないから

ただ君のこと想うよ

このまま生きていこうぜ

流れる景色も、強く吹く風も

いつかまた逢えたその時には

キラキラ煌めいて見えたのは

強がるように吐き捨てた言の葉

ひとりで居るのは嫌いじゃないけど

君のこと想うよ

ただ君のこと想うよ

  • 作曲

    渡辺ヒロ

  • 作詞

    渡辺ヒロ

真夏のいたずらのジャケット写真

ザ・ラヂオカセッツ の“キラキラ”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

  • 1

    君は僕の太陽

    ザ・ラヂオカセッツ

  • 2

    オレンジ

    ザ・ラヂオカセッツ

  • ⚫︎

    キラキラ

    ザ・ラヂオカセッツ

アーティスト情報

  • ザ・ラヂオカセッツ

    ◆プロフィール◆ 大谷ペン(Dr.Vo)、樋口三四郎(Gu.Vo)、山下秀樹(Vo.Gu)、渡辺ヒロ(Ba.Vo)、沢田レヲ(key.Vo) 吉祥寺を拠点に活動するロックバンド。 メンバー全員が作詞・作曲・メインボーカルおよびコーラスを担当し「歌心」を何よりも大切にしている。 タワーレコードが主催するオーディション「Knock’on TOWER’s DOOR」にてグランプリアーティスト、各賞を全て受賞し初の全国流通盤1stミニアルバム「ザ・ラヂオカセッツ」をタワレコプッシュアイテム「タワレコメン」としてリリース。ツアーやワンマンライブなども精力的に行う。 これまでに「Age Stock in 日本武道館」、「SUMMER SONIC 」、「ARABAKI ROCK FEST.」、「YATSUI FESTIVAL! 」などのフェスやイベントにも多数出演。 映画監督・大崎章によるショートムービーMV「HOME AND HOME」が「MOOSIC LABO 2017特別招待作品」、「横濱インディペンデントフィルムフェスティバル2017音楽部門 最優秀賞」を受賞。映画監督・松本花奈の最新作「過ぎて行け、延滞10代」の主題歌・挿入歌を書き下ろすなど、映画界にも活動の幅を拡げる。 中国・北京で行われたライブ配信アプリ主催のイベントにて、海外初ライブ。 カセットテープで限定リリースした「初期のTRCセッション」は即日完売。翌年配信リリースをした際には、収録楽曲がTuneCoreJapanが選ぶ週間注目楽曲プレイリスト「tuneTracks」に選出される。 古き良き音楽を昇華しながら抜群のコーラスワークを武器に、聴く人の生活に寄り添う温もりある「現代のグッドミュージック」を歌う。

    アーティストページへ


    ザ・ラヂオカセッツの他のリリース
"