フーカ・リッカ

  1. こがねいろのせかい
  2. 声が聞こえる
  3. SPARKLE
  4. 夏風
  5. 君じゃない誰かと
  6. 夜明けの秒針
  7. フーカ・リッカ

青森県は津軽の雪に揉まれて育ち、東京を拠点に活動するシンガーソングライター・佐藤静奈の2nd mini ALBUM。完全書き下ろしの表題曲「フーカ・リッカ」を含む、全7曲を収録。
「静かに、優しく、だけども凛として力強く 声が、言葉が 伝わるというより、包まれるというより、もう俺がそこにいる、みたいで(小高芳太朗/LUNKHEAD)」
「丁寧な言葉が紡ぎ出した美しい風景はとてもありふれたはずなのに、どうしてこんなにいとしく はかないものに映るのでしょう(藤戸じゅにあ/ジェッジジョンソン)」
音と言葉の世界に惹きこまれる。私たちの日常にそっと寄り添う一枚。

佐藤静奈

青森県出身。津軽の雪に揉まれて育つ。 2013年より活動。ロックバンドのヴォーカリスト、ピアノ弾き語りを経て、現在はアコースティックトリオやフルバンド編成でライヴ・音源リリースを行う。青森、大阪、福岡などの地域でも定期的にライヴを敢行。 2018年、2nd mini ALBUM『フーカ・リッカ』をリリース。初のMVも公開。11月より音楽サイトONE TONGUE MAGAZINEにてアートワークコラム「佐藤静奈の妄想デザイン室」連載中。東京ネットラジオ レギュラー番組「佐藤静奈の “こえがきこえる”」は2019年現在も配信中。 また、映画音声ガイドのナレーター、DJとしても活動。活躍の幅を広げている。

アーティストページへ