Round 1のジャケット写真

歌詞

Round 1

KO-ney, Jinmenusagi

さあさあゲインと両の手上げな

ジメヌサギと鼓鬼

ストーリーテラーだ

獣のオーラ 放ちまくりだがしかし

人の形 保つまるでオーガ

瞬きの間にもう技あり

迎えた何度目のゲームオーバー

乱闘騒ぎと一味二味は違う

ガキはサジ投げちまう 死にゲー

結局、根気と慣れで勝ち抜く

人外も混じるTournament

知ったかぶったら罰符だ

バンナムなんて名前じゃなかった

今なお記憶たまに呼び起こす

木で出来た人形 はたまた恐竜

昇竜拳 じゃなく崩拳でボコす

やるしかないどの道

でも何故にラスボスはこのビッチ?

3つ集めたKey

擂台の上、

のぼり産声あげる本当の俺

やるしかないどの道

でも何故にラスボスはこのビッチ?

3つ集めたKey

擂台の上、

のぼり産声あげる本当の俺

海越えたライバルとサバイバル

ほくそ笑む黒幕 それは財閥

「優勝カップなんぞ要らん

俺に生きてる実感をくれ」

だなんて玄人向け

身体の中に刻むリズム

つまりはコンボ、投げ抜け

ある意味、覚えゲー

動体視力の問題じゃねえんだボケ

Okay

ザラザラのポリゴン世界の世代

あの頃まだ合法だったケタミン

脳の片隅 佇み 残る

数メガのデータ 歴史 紐解く

今なお記憶たまに呼び起こす

木で出来た人形 はたまた恐竜

昇竜拳 じゃなく崩拳でボコす

やるしかないどの道

でも何故にラスボスはこのビッチ?

3つ集めたKey

擂台の上、

のぼり産声あげる本当の俺

やるしかないどの道

でも何故にラスボスはこのビッチ?

3つ集めたKey

擂台の上、

のぼり産声あげる本当の俺

  • 作曲

    KO-ney

  • 作詞

    Jinmenusagi

Round 1のジャケット写真

KO-ney, Jinmenusagi の“Round 1”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

Round 1

KO-ney, Jinmenusagi

  • ⚫︎

    Round 1

    KO-ney, Jinmenusagi

  • 2

    Round 1 (Instrumental)

    KO-ney

国内屈指のMPCプレイヤーで、ビートメイカーでもあるKO-neyが盟友であり他を寄せ付けない技巧派ラッパーであるJinmenusagiを迎えた楽曲「Round 1」をデジタルリリース致します。
今回の楽曲はゴールデンエイジヒップホップを支えた名機SP-1200をで構築した粗くメロディアスなビートにJinmenusagiの巧みなライミングとフロウで、二人が愛好する古き良き格闘ゲーム愛を忍ばせたリリックでストイックな世界を描き出すBoomBap HipHopとなっております。

過去プレイリストイン

Round 1

Apple Music • 最新ソング:J-ヒップホップ • 2023年4月7日 Spotify • The Pulse of J-Rap • 2023年4月15日 Spotify • New Music Everyday - tuneTracks (curated by TuneCore Japan) • 2023年4月7日 Spotify • +81 Connect: J-Hip Hopの「今」と「その先」 • 2023年4月7日 Apple Music • 78 musi-curate TuneCore Japan zone • 2023年4月18日 Spotify • Monday Spin • 2023年4月10日

アーティスト情報

  • KO-ney

    国内屈指フィンガードラマーでありトラックメイカー。10代の頃HIP HOPとの出会いをき っかけに音楽活動を開始。 アーティストへの楽曲提供をしながら磨いた、AKAIの名機サンプラーMPCによるライブパフォーマンスで注目を浴びる。 2014年、総勢14名の豪華なゲス ト陣を招いた渾身のFull ALBUM”Pad Craft”をリリース。 2015年、AKAI Professionalのオフィシャルプレイヤーに認定され、同年末、三木楽器主催のパッドバトルイベント”ACHIEVEMENT2015”に出場し見事優勝。 2015年度Jリーグ開幕PV、 SONY”PlayStation Classic”を始めとする数多くのCMへの楽曲提供、卓越したフィン ガードラムテクニックを武器にバンドでのライブサポートもこなすなど、その活動は多岐に渡る。 2017年3月にワーナー・ブラザーズよりメジャーデビューしたCharisma.comの”Like it”をプロデュース。同年、倖田來未”LIVE TUOR 2017-W FACE-“におけるMPCパフォー マンス指導、2018年8月にはテレビ東京”流派-R”にてRei©hiにビートメイクをレクチャ ー、GYAO!!”てっぺんとるぞRAMPEGE from.EXILETRIBE”へ出演するなど、講師としても活躍。 圧倒的な演奏力でストーリー性に富んだ楽曲を奏でるパフォーマンスは、フィールドもジャ ンルも越えてオーディエンスを魅了し、国内外問わず高い評価を得る。 2020年2月、シングル”Dominate Break Loop”をリリース。スタイリッシュな MusicVideoと共に再び注目を集める。

    アーティストページへ


    KO-neyの他のリリース
  • Jinmenusagi

    アーティストページへ

"