HEADSHOT pt.2 (feat. テークエム, ふぁんく, R-指定, KBD, KennyDoes, KOPERU, KZ & peko)のジャケット写真

HEADSHOT pt.2 (feat. テークエム, ふぁんく, R-指定, KBD, KennyDoes, KOPERU, KZ & peko)

梅田サイファー

トラックリスト

※ 試聴は反映までに時間がかかる場合があります。
※ 著作権管理団体が管理する楽曲は試聴できません。

このフリースタイルブームの西の震源地、大阪。
そこには日本一のラップ好きを自称する集団“梅田サイファー“がいる。
1人1人が第一線級、そんなMC達によるラップコレクティブ。
土曜の歩道橋にて、しばしば終電を逃してまでラップをし続け、今日までにR-指定 / KOPERU / ふぁんく / KBD / peko / KZ / KennyDoes / テークエムなどを輩出した。
最新作のEP”トラボルタカスタム“が記憶に新しいが、今回リリースするのはその中の収録曲“HEADSHOT”のパート2。
“こいつは序の口 ウォーミングアップ”
このpekoのラインの通り、HEADSHOTには続きがあった。
1発目で死にきれなかったヘッズと再びあのメンバーが一同に会し、
2021年初頭に出る次のアルバムに照準を合わせる。
“still あげる 反逆の狼煙
再び揃う8人のsoloist”
まずはトラボルタカスタムメンバーによる2発目の鉛玉を喰らって、梅田サイファー全員参加の“ビッグジャンボジェット“の離陸を待て。

現在プレイリストイン

HEADSHOT pt.2

Apple Music • エクササイズ:J-ヒップホップ

過去ランキング

HEADSHOT pt.2

iTunes Store • ヒップホップ/ラップ トップソング • ニュージーランド • 3位 • 2021年1月14日 iTunes Store • ヒップホップ/ラップ トップソング • 日本 • 6位 • 2021年1月2日 Spotify • VIRAL 50 デイリー • 日本 • 9位 • 2021年1月27日 Spotify • VIRAL 50 ウィークリー • 日本 • 10位 • 2021年1月28日 iTunes Store • 総合 トップソング • ニュージーランド • 49位 • 2021年1月14日 Apple Music • ヒップホップ/ラップ トップソング • パプアニューギニア • 195位 • 2021年1月25日

過去プレイリストイン

HEADSHOT pt.2

Spotify • JUICE • 2021年7月26日 Apple Music • INDEPENDENT MONSTER • 2021年2月12日 Spotify • +81 Connect • 2021年1月17日 Apple Music • HIP HOP DNA : NOW • 2021年1月9日 Spotify • Tokyo Super Hits! • 2021年1月18日 Spotify • Spotify Japan 急上昇チャート • 2021年1月20日 Apple Music • ニュー・ミュージック・デイリー • 2021年1月8日 Spotify • Weekly Buzz Tokyo • 2021年1月17日 Spotify • Next Up • 2021年1月12日 Spotify • tuneTracks Weekly • 2021年1月9日 Spotify • J-Pop 新幹線 • 2021年1月8日 Spotify • New Music Wednesday • 2021年1月6日

アーティスト情報

  • 梅田サイファー

    このフリースタイルブームを作った、西側の震源地でもあり、日本一ラップが好きな集団「梅田サイファー」。 R-指定 / KOPERU / ふぁんく / KBD / peko / KZ / ドイケン a.k.a. KennyDoes / テークエム など、有数のプレイヤーを輩出してきた。 19年のリリースの「Never Get Old」も 2000 枚を初動で売り切り、 収録曲の「マジでハイ」は Youtube で 550 万回再生と爆発的なヒットとなった。 その後もEP「トラボルタカスタム 」をリリースし表題曲「トラボルタカスタム 」は150万回再生、 「梅田ナイトフィーバー’19」は100万回再生を記録。 出す、ポッセカットが全て、バイラルヒットを連発した。 ライブも定評があり、笑いあり、涙ありで、没入感が高いステージングを行う、 2019の全国ツアーは追加公演も含めて、全てソールドアウトを記録。 レペゼン歩道橋、日本語ラップ最強集団、梅田サイファーを今後ともご贔屓によろしくお願いやで!

    アーティストページへ

DFBR