心に太陽 くちびるに歌をのジャケット写真

歌詞

星降る丘の上

minstrel

晴れたら丘の上 朝日と待ち合わせ

雨の日 君は本を片手に口笛

呆れるくらいに転げて

お腹を空かした

おやつの時間を

忘れたことなんてなかった

町へのおつかいは 木苺の近道

夕焼け色の空 並んだかげぼうし

変わらないことも

退屈なんかじゃなかった

君と一緒なら風も雲も違って見えた

寝ぐせを撫でる君

さえない寝ぼけ顔

おやつを鳥がさらう なのに上の空

無口でぼんやり草をむしった

あの日の夜

大人びた君は旅に出ると 言った

ずっと知っていた あの風も雲も

言えなかった夢 ためらった別れ

独りで泣いて握った地図と爪の痕を

今は泣かない 手を離さない

このまま隣で 流れ星を見させて

忘れないで 風も雲も夕陽も

ふたりの道標 いつも君と生きてる

今は泣かない 手を離さない

流れ星を見たら 思い出して

  • 作曲

    minstrel

  • 作詞

    minstrel

心に太陽 くちびるに歌をのジャケット写真

minstrel の“星降る丘の上”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

喜び 悲しみ すべてを抱きしめ
歌い続ける佐脇由佳
今日を生きるあなたに響く
心ゆさぶる命の歌

アーティスト情報

  • minstrel

YUCCAFE RECORDS

"