ふたりのおとのジャケット写真

歌詞

樹と環

futarinote

大事なものが消えたとき

私に残るものはあるかな

数年後のことまだ明日も

見えないから何か一つ

探しに出掛けよう

生きていく

指標が答えを得る度に

変わっていくけど

無数に

分かれてく枝のように まだ

出逢う先

新しい葉が芽吹く

誰か真似して笑ってた

笑った顔して食い縛ってた

言いたい言葉も下を向いて

枯れていくよ 暖かな陽

求めて手を伸ばそう

痛みや

辛さや孤独を得るために

生きるわけじゃない

光が

傷跡を照らすとき ただ

輝くよ

やさしく撫でるように

回り道 何周もして

見つけた私の道

いつの日か

育った私の樹の先に

花が咲くだろう

無数に

巡る季節の折に また

自分らしい

色を放ち続ける

  • 作曲

    舩冨光曜

  • 作詞

    堀桂

ふたりのおとのジャケット写真

futarinote の“樹と環”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

クラウドファンディング達成136%で制作された全編オリジナルの1stアルバム。日常に溢れる小さな輝きや気付きをテーマに描かれた、珠玉の13曲を収録。

アーティスト情報

  • futarinote

    Vo. 堀桂(ほりかつら)Gt. 舩冨光曜(ふなとみこうよう)によるアコースティックユニット。 2017年 関東と関西でそれぞれ活動していた二人が音楽コラボアプリ「nana」を通じて出逢い、共演を重ね、翌年カヴァーアルバム「Leave Love Behind」を堀桂の名義でリリース。 その後オリジナル曲を制作するようになり、2019年「futarinote(ふたりのーと)」を結成。ユニット名には「”ふたりの手”をとり”ふたりの音”を紡いでいけるように」という意味が込められている。 日常に溢れる小さな輝きや気付きをテーマに制作された楽曲と、ボーカルとギターという最小限の編成だからこそ表現できる繊細で自由な演奏が、男女問わずあらゆる世代に受け入れられて活動の輪を広げている。 「第13回LALALAにしきたミュージシャンコンテスト」グランプリ・兵庫県知事賞 受賞。2度のクラウドファンディングを成功させて、1stアルバム「ふたりのおと」2ndアルバム「あなたのおと」を立て続けにリリース。

    アーティストページへ


    futarinoteの他のリリース
"