Coffee and Guitar

  1. Coffee and Guitar
  2. Good Morning
  3. To The Rhythm
  4. Blow Softly
  5. Cheerful Smile
  6. Rainy City
  7. Peaceful Day
  8. Fallen Leaves
  9. Sunset
  10. Lakeside

コーヒーとギターをテーマにしたアルバムです。
どの曲もアコースティクギターのオーバーダビングが多用され、
その音色の重なりはとても心地よく、
ラテンを感じる軽快なリズムはコーヒーの香りと良く合います。

斉藤 尋己

10歳よりクラッシックギターを始め、18歳から本格的にクラッシックの音楽理論を学ぶ。 その後、日本大学芸術学部情報音楽コースに入学し、 音響心理学、音響解析等を学び、実験的作品やオーケストラ作品などで作曲活動を開始。 卒業後は、映画・CM・TV・Web などの多くのメディアに楽曲を提供する他、 nanaco カードのインターフェイス音や YAMAHA の音源開発、DAIHATSUなど企業CIのサウンドデザインにも携わる。 また、ミラノサローネでの展覧会の会場音楽制作や、サウンドインスタレーションなどのアート作品を発表し、 様々なアーティストとのコラボレーションも積極的に行っている。 2015 年にエレクトロニック アーティスト QUKO としても活動を開始し 2016 自身主催によるサウンドスケープを思考の軸に据えたサウンドブランディング エージェンシー SoundscapeDesignLab を立ち上げる。

アーティストページへ

SDL Records