孤独の女神のジャケット写真

歌詞

弔花

もしかして君はこの花になったのかな

花束を握りしめる

目に映るもの全てに対し

君の幻を追ってしまうの

あの瞬間からずっと

いつもの日常

変わらない人たちと

変わらない街の風景

一体どこで間違っちゃったのかな

現実から逃げたまま

あの瞬間からずっと

想い出の河に行けば逢える気がして

危ないことをすれば現れるような気がして

進めないまま

私だけが

花屋の横でふと立ち止まり見えた

君の好きだった百合の花

君に褒められた真っ白なワンピースを

今着ても何かが違うの

あの瞬間からずっと

街ですれ違う人に何度も振り返る

もしかしたら君がそこに居るような気がして

想い出の河に行けば逢える気がして

危ないことをすれば現れるような気がして

この心は

壊れたまま

無情に時は

過ぎて行くの

もしかして君はこの花になったのかな

花束を握りしめる

  • 作曲

  • 作詞

孤独の女神のジャケット写真

薫 の“弔花”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

ピアノを中心に据えつつ、ロックからバラードまで様々な様相を見せるサウンド。
より扇情的に、より激しく。
独自の世界を創造していく意欲作。

アーティスト情報

  • シンガーソングライター。 2月9日生まれ。 東京都出身。 大学時代に創作活動を開始し、2014年より本格的にアーティスト活動を始める。 2014年1st maxi single「赤い鳥」をリリース。 以降、2枚のmini album、1枚のfull albumをリリースしている。 閉じ込めていた想いをぶちまけるかの如く、情熱的に歌われる愛の言葉。 死に相対した人に向けられた鎮魂歌のように、激しくもあり、荘厳でもある楽曲から紡ぎ出されるメッセージ。 ポップでキャッチーながらも、深い癒しを湛えたメロディ。 深層に触れるが如く、優しく諭すような歌声、その音楽性から「薫の音楽を聴くと浄化される」という声が後を絶たない。

    アーティストページへ

INNOCENT RECORDS

"