AMENIMOMAKETEのジャケット写真

歌詞

雨ニモマケテ

遠藤清一郎

元気にしているか その一言で

なぜか涙がこみ上げてきた

今まで心の隅に隠してた

故郷の景色が浮かんできた

何もかも捨てて飛び出した

三年前の風吹くあの夜

空は雲におおわれ

わずなか月明かり

その下を泣きながら歩いてた

届かない訳を

拾い集めるのは終わりさ

届かないものへ

どこまでもその手を伸ばせ

雨ニモマケテ 風ニモマケテ

それでも立ち向かえ

果てないこの空へ

雨ニモマケテ 風ニモマケテ

それでも歌おう あなたにこの歌を

思ってたよりも東京は 冷たかった

描いていた自分とは程遠い

世間が嫌いだ 人間が嫌いだ

そんな惨めな自分が嫌いだ

風のように吹き抜ける時の中で

誰も皆 憧れを抱いてる

強く吹きつける風に逆らいながら

温もりを守りながら生きてる

届かない訳を

拾い集めるのは終わりさ

届かないものへ

どこまでもその手を伸ばせ

雨ニモマケテ 風ニモマケテ

それでも立ち向かえ

果てないこの空へ

雨ニモマケテ 風ニモマケテ

それでも立ち上がれ

今を生きていこう

雨ニモマケテ 風ニモマケテ

それでも立ち向かえ

果てないこの空へ

雨ニモマケテ 風ニモマケテ

それでも歌おう あなたにこの歌を

  • 作曲

    遠藤清一郎

  • 作詞

    遠藤清一郎

AMENIMOMAKETEのジャケット写真

遠藤清一郎 の“雨ニモマケテ”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

AMENIMOMAKETE

遠藤清一郎

情熱的かつ繊細な彼の歌声が聴き手の胸に沁みる。倒れてもその度に起き上がり、何度でも立ち向かうという不屈の精神を歌った「雨ニモマケテ」に始まり、親友との別れ際の志を歌った「青春の風」から、ひとりの夜をやさしく包み込むバラード「月夜にふたり」まで。孤独に耐えながらも戦い続ける人に向けて、彼が魂を込めて作詞作曲した一曲一曲をぜひあなたの心で聴いて欲しい。そしてこの先の彼が魅せる生き様から目が離せない。

アーティスト情報

"