Track List

※ Preview may take some time.
※ Preview is not available for songs under copyright collective.

今年5月と6月にかけて久々のオリジナル新曲となる「Sakiyo No Furiko」と「Canaria」を急遽配信リリースし、趣向を凝らしたそれぞれのミュージックビデオ(「Canaria」はなんと世界初の手書きアニメーションによる360°VR作品!)とともに大きな話題を提供したトクマルシューゴ。それと並行し、コロナ禍における新しい音楽の楽しみ方を模索した「TONOFON(REMOTE)FESTIVAL」を主催するなど、新たな挑戦を続ける彼による、待望となる新曲。

「MAZUME」は、ガットギター、アコ―スティックギター、エレキギター、ラップスティールギター、チェロと、めくるめく展開のもと様々な弦楽器が音を繋いでいくメロディアスな楽曲。トクマルシューゴならではの一筋縄ではいかないポップセンスと卓越したプレイが融合しつつもどこか穏やかさを感じさせるその曲調は、真冬の部屋にささやかな暖を灯すような魅力に溢れている。
「Hora」は、「架空のバンド」を想定して作られた、印象的なリフレインを伴った楽曲。こちらも弾けるようなポップさが魅力だが、ロック/ポップからトライバルな要素まで股にかけるような強烈なリズムとドライブしまくる演奏は圧巻(リードギターはトクマル主宰のトノフォンからデビュー・アルバムをリリースしている田中ヤコブ)。チャールズ・ブコウスキーへのオマージュ(!)も織り込んだという新境地のリリックも、楽曲との摩訶不思議なマッチを魅せる。

Latest Rank In

Mazume

Apple Music • J-Pop Top Songs • Italy • TOP 187

Hora

Apple Music • J-Pop Top Songs • Italy • TOP 186

Past Rank In

Mazume

iTunes Store • J-Pop TOP SONGS • Finland • TOP 1 • 1 Apr 2021 Apple Music • J-Pop Top Songs • Sweden • TOP 16 • 14 Jan 2021 Apple Music • J-Pop Top Songs • Nigeria • TOP 24 • 24 Jan 2021 iTunes Store • J-Pop TOP SONGS • United States • TOP 37 • 20 Jan 2021 Apple Music • J-Pop Top Songs • Slovenia • TOP 41 • 19 Feb 2021 Apple Music • J-Pop Top Songs • Ukraine • TOP 120 • 10 Feb 2021

Hora

iTunes Store • J-Pop TOP SONGS • Sweden • TOP 5 • 12 Jan 2021 Apple Music • J-Pop Top Songs • Slovakia • TOP 6 • 3 Jan 2021 Apple Music • J-Pop Top Songs • Nigeria • TOP 35 • 28 Jan 2021 Apple Music • J-Pop Top Songs • Guatemala • TOP 45 • 7 Jan 2021 Apple Music • J-Pop Top Songs • Sweden • TOP 178 • 12 Jan 2021

Past Playlist In

Mazume

Spotify • ブルーにこんがらがって • 25 Dec 2020 Spotify • Edge! • 25 Dec 2020 Apple Music • New Music Daily • 25 Dec 2020 Apple Music • 78 musi-curate TuneCore Japan zone • 5 Jan 2021 Spotify • J-Pop 新幹線 • 25 Dec 2020 Spotify • New Music Wednesday • 30 Dec 2020 Spotify • Next Up • 28 Dec 2020 Spotify • tuneTracks Weekly • 26 Dec 2020 Spotify • .ORG • 25 Dec 2020 Spotify • New Music Friday Japan • 25 Dec 2020

Artist Profile

  • Shugo Tokumaru

    Shugo Tokumaru has wowed critics and fans the world over with a sound that draws as much from classic Beatles-esque melodies as his own unique spin on Japanese pop. A gifted songwriter and multi-instrumentalist, Tokumaru is responsible for producing every sound heard on his records. Though the vocals are sung solely in his native Japanese, his universal melodies transcend the lack of lyrical familiarity to Western ears.

    Artist page

TONOFON