Instabilityのジャケット写真

歌詞

劇場

marriage blue

夏が終わる前の倦怠で

起き上がる事すら出来ずに

さようならの後の心象を

闇のままの目で思い出して

忘れないように出来ていても

上映間近の街の朝に

未だに理想を見てしまうよ

深夜目前の 謎の緊張感と

その中の絶望で 君を呼ぶように

今ならきっと言えるだろう 不安さの中でも

一切の自分が嫌いになっても 君だけを見てるよ

夜行で9時間の駅前で

変わらずに僕ら夢を見てる

消えるかもなんて思っていた

消えてみたいとも思っている

思い出すのはその為で

もう何回だって分かっている

忘れない思いが胸に在るよ

未だ見えない 何も知らない

そんな永遠の深層で 君を抱き止めて

今ならきっと分かるだろう 君もそう信じてるだろ

僕が選んで決める方へ 進みたいそこで会いたい

また前の劇場で またおんなじように役者を見る

優しい気持ちでいれることもなく 丁寧ぶれる余裕も無かった

憂鬱な生活と ただ待ってるだけの僕自身が

せめてあなたの笑顔はは演技じゃないことを祈っている

客席の僕は祈っている

  • 作曲

    白井

  • 作詞

    白井

Instabilityのジャケット写真

marriage blue の“劇場”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

Instability

marriage blue

アーティスト情報

"