in crowds / 送葬と再生のジャケット写真

in crowds / 送葬と再生

Annabel+lasah

トラックリスト

  • Play music
  • Play music
  • Play music
  • Play music

※ 試聴は反映までに時間がかかる場合があります。
※ 著作権管理団体が管理する楽曲は試聴できません。

Annabel+lasah 1st Double A-side single「in crowds / 送葬と再生」

過去ランキング

in crowds / 送葬と再生

iTunes Store • エレクトロニック トップアルバム • 日本 • 15位 • 2020年4月26日 Apple Music • エレクトロニック トップアルバム • マレーシア • 35位 • 2021年5月10日

in crowds

iTunes Store • エレクトロニック トップソング • タイ • 4位 • 2020年11月12日 iTunes Store • エレクトロニック トップソング • 日本 • 36位 • 2020年4月26日 iTunes Store • エレクトロニック トップソング • カナダ • 109位 • 2020年9月27日

送葬と再生

iTunes Store • エレクトロニック トップソング • 日本 • 15位 • 2020年4月27日 iTunes Store • エレクトロニック トップソング • カナダ • 108位 • 2020年9月27日

アーティスト情報

  • Annabel

    アーティストページへ

  • lasah

    兵庫県神戸市生まれ。 両親の仕事の都合で、生後3ヶ月でアメリカ合衆国カリフォルニア州へ。 海沿いの街で18歳まで過ごす。 幼少の頃は、青い海と青い空に囲まれながら多くの文学作品に触れ、祖父から送られる日本のゲームやアニメ、漫画にも影響を受けて育つ。 中学・高校は厳格なクリスチャン系の学校に唯一の日本人として通い、礼拝で賛美歌を歌う経験を通じて、自らの歌唱で表現することに興味を持つようになる。 その後、日本の大学進学を機に帰国。 東京大学法学政治研究科在籍中に、インターネットにVOCALOID楽曲の歌唱カバーを投稿し始め、オリジナル曲「ニルギリ」の歌唱で一躍注目を集めるようになる。 2013年にSF文学を題材としたファーストアルバム『INNOCENCE』をリリース。 完全自主制作ながら大きな反響を呼び、2014年には日本近代文学が描いた様々な「愛」を音像化することをテーマとしたセカンドアルバム『" I LOVE YOU,"』をリリースした。他アーティストの作品におけるゲストボーカルや作詞も精力的に行っている。

    アーティストページへ


    lasahの他のリリース

Annabel+lasah