STANDのジャケット写真

歌詞

where

15MUS

思い通りいかないよもういい

いつまでも続くと感じる

わかるよ同志言葉の通り

疎ましく隣ばっかり見る

そんなつもりじゃないのに

また目につく態度に

Sorry sorry

いけないよ調子狂わさず

またすぐ会いに行く

ってどんだけ時間が

経ったのか地団駄

踏んでた頃のガキと変わらんな

って思われたとしても

歌い続けてたいんだこのメロ

今すぐに何をって話じゃないが

とにかくしなきゃって思うよ毎晩

信じる言葉を持つより前に

伝えるって心に決めてる単に愛し

このままどこまで

行けるかなんて誰だって知らない

今でも変わらぬ気持ちで

いるからどうか神様お願い叶えて

眩しすぎて目を塞いじゃって

こけてばかりの俺あれなんだっけ

思い返し

何に対し?

わからなくなる時はたまにあるし

表裏一体裏の方ばかりが

前に出ちゃってこの辺で焦りが

陰り始めた頃あの名残

今になってみりゃなんて自分を諭し

言えないことや辛い言葉

全て飲み込んでペンで書き出せば

かっこつくような不思議な人生

君らがいるなら尚更にいいね

すぐに変わりゃしないけど

きっとまたそれだって何かの欠片

今日もまた自分を褒めてあげたら

明日は誰かの近くで笑える筈さ

もうどうでもいいと

すぐに離していいの?

夢と現実のシーソー

歩き疲れた人

その感覚間違いじゃないよ

誰かに言われてやるもんじゃないよ

一度きり今が終わるほら最後

好きなことだけ

しまくって死にたいよ

このままどこまで

行けるかなんて誰だって知らない

今でも変わらぬ気持ちで

いるからどうか神様お願い叶えて

このままどこまで

行けるかなんて誰だって知らない

今でも変わらぬ気持ちで

いるからどうか神様お願い叶えて

  • 作曲

    15MUS

  • 作詞

    15MUS

STANDのジャケット写真

15MUS の“where”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

STAND

15MUS

15MUS(フィフティーンマス)初となるフルアルバム「STAND」は、全て自身の住むアパートの一室にて制作された。
リード曲となっている「TONARI」は、今の世の中と自身の未練を混ぜ合わせたリリックを印象的なギターフレーズと共に歌い上げ、「STORY」は過去の出会いと別れを一本の映画のように綴っている。アルバム用に書き下ろした「君がもし君ならば」は、過去の自分 に対しての皮肉を織り交ぜながらもポジティブなメッセージを詰め込んだ応援歌だ。
他にも、この春卒業した学生たちへ送った「さよなら」や、初となるカバー曲の「ばらの 花」、ビート提供に chop the onion を迎えた「where」など、どこを切り取ってもメロディーと忘れられないフレーズの際立つ15MUSらしさ全開の作品となっている。
立ち尽くすという切ない意味の「STAND」。戦うというポジティブな意味の「STAND」。変わらず立ち続けるという意味の「STAND」。
様々な「STAND」をその耳で感じ取って欲しい。

アーティスト情報

  • 15MUS

    15MUS(フィフティーンマス)神奈川県横浜市出身。バンド活動を経てトラックメイカー兼MCに転身。 2018年Chilly Sourceに加入。メロウな楽曲を多く手がけ、切ないリリックとキャラの立った声がリスナーの心を掴んで離さない。近年はSARA-J、ASOBOiSM、pinoko、ケンチンミンなどの楽曲も手がけ、多くの公式プレイリストの常連にもなっている。

    アーティストページへ

  • chop the onion

    アーティストページへ

Chilly Source

"