手と手

  1. 手と手

しらいしりょうこ15周年デジタルシングル

しらいしりょうこ

シンガーソングライター 東京都出身 大学在学中、Cocco、Alanis Morissetteのアルバムに衝撃を受け、作詞作曲を開始。 2005年『Assembling』でCDデビュー。 デビュー5年目からピアノの弾き語りスタイルで毎年全国ツアーを行う。 2008年セルフレーベル“Chiffon Records”を立ち上げ、 これまでセルフプロディースで4枚のアルバム、2枚のシングルをリリース。 デビュー前の1996年『鉄拳2』のエンディング曲 「Landscape Under The Ghost~KAMINANO~」のヴォーカルを担当。 この曲は鉄拳ファンの間で伝説の曲となっており、海外でも人気が高いことから、 2012年発売『鉄拳タッグトーナメント2』にしらいしりょうこの歌声によって再びレコーディングされ、再収録された。
(2012年発売『アンフィルム』にオリジナルアレンジバージョンを収録) 2017年 本人がこよなく愛する「大相撲」をテーマにした 「私の彼は左四つ/決まり手82/相撲の歴史」をリリース。 今、この瞬間を綴るリリカルな言葉、親しみやすいメロディー。 透明感のある心地いい歌声。 2020年、デビュー15周年を迎え 更に軽やかに力強く変化し続けるしらいしりょうこ。 12月には15周年デジタルシングル「キラキラハルカ」「手と手」を発売予定。

アーティストページへ

ChiffonRecords