Our Styleのジャケット写真

Our Style

WILYWNKA & Brasstracks

トラックリスト

※ 試聴は反映までに時間がかかる場合があります。
※ 著作権管理団体が管理する楽曲は試聴できません。

2020 年 3 月 19 日に SoundCloud 、2020 年 8 月 14 日に YouTube で公開された WILYWNKA (読み:ウィリー ウォンカ) の「Our Style」(読み:アワースタイル)。この楽曲は元々ニューヨークを拠点とするデュオ、ブラストラッ クス(英語:Brasstracks)が 2017 年 7 月 21 日にリリースした「Fever」というインストゥルメンタルのトラック に WILYWNKA がラップを乗せたもので、自身のライブのみで披露されていた人気楽曲であった。リリースしていない にも関わらずライブでは必ず盛り上がる同曲を「どうしても聴きたい」というファンの声に応える形で、コロナ渦中の 2020 年に SoundCloud と YouTube に公開。その後徐々に再生数が伸びていき、2021 年 3 月にはこの曲に合わせて 友達や仲間とのフィルムカメラ風の映像や写真を入れ替える動画が TikTok に投稿され、耳に残る歌詞とキャッチーな トラックに動画や写真を入れ替えるだけの手軽さが話題を呼び、男女問わず若い世代を中心に続々と関連動画が投稿さ れた。そして 2021 年 3 月 20 日にはこの楽曲が SoundCloud チャートにて総合 1 位を獲得、YouTube も 100 万回 再生に到達し、オリジナル楽曲である Brasstracks「Fever」が国内 Shazam チャート 3 位を獲得。その後も動画の投 稿は続き、現在 TikTok では総再生回数 1 億 5 千万再生を超え、投稿動画数は 40,000 本以上、YouTube ではオー ディオのみにも関わらず 500 万再生を超え、SoundCloud では 100 万再生を超えて Hip-hop & Rap チャート 1 位 を独走し続けている。そしてこの盛り上がりにもちろん気付いた原曲作者のブラストラックスより、ぜひ WILYWNKA のラップを乗せたバージョンをリリースしようとの厚意を受ける形で、この度晴れて待望の正式リリースが決定したの だ。また今回の正式リリースを記念して、WILYWNKA が新たに書き下ろしたバースも追加。ブラストラックスといえ ば、グラミー賞「最優秀ラップ・パフォーマンス賞」を受賞したチャンス・ザ・ラッパーの 2016 年のヒット曲 「No Problem」をプロデュースしたことでも有名な米国の一流プロデューサーで、このたび日本人アーティストである WILYWNKA が彼らとの正式リリースに漕ぎ着けたことは快挙と言えるだろう。またジャケットのアートワークはニュ ーヨーク<LQQK STUDIO>所属のグラフィックアーティスト TOYA HORIUCHI が手がけた。

現在ランキング

Our Style

Apple Music • ヒップホップ/ラップ トップミュージックビデオ • 日本 • 111位

過去ランキング

Our Style

LINE MUSIC • ミュージックビデオ Top 100 リアルタイム • 日本 • 1位 • 2021年6月23日 LINE MUSIC • ミュージックビデオ Top 100 ウィークリー • 日本 • 1位 • 2021年6月29日 LINE MUSIC • ミュージックビデオ Top 100 デイリー • 日本 • 1位 • 2021年6月23日 Apple Music • 総合 トップミュージックビデオ • 日本 • 171位 • 2021年6月29日

アーティスト情報

  • WILYWNKA

    1997年生まれ、大阪出身のヒップホップ・アーティスト。リリックの完成度やフローなど、その卓越したスキルが日本のヒップホップ界で話題を呼び、シーンを代表するラッパー/プロデューサーから注目される。2017年に大阪レゲエ・シーンの若手VIGORMANとプロデューサーGeGとで結成したユニット「変態紳士クラブ」として1st EP『ZIP ROCK STAR』をリリースし、同EP収録楽曲「好きにやる」のミュージックビデオはYouTubeにて2,600万回再生を超えるロングヒット中。 2018年には「1% (ワンパーセント)」とソロ契約を結び、9月にはソロ・デビュー・アルバム『SACULA』を発表。東名阪福でのワンマンは大阪追加公演を含めて即完。2019年には60箇所以上のクラブ/ライブ ハウスへの出演をこなし、9月には早くも2ndアルバム『PAUSE』をリリース。2019年末にはさらにスケールアップした東名阪福でのワンマンライブを全会場ソールドアウトさせ、ファイナルである大阪なんばHatchには2,000人が集結。 さらに2020年1月には東京追加公演(渋谷WWWX)を発表し、即完となった。2020年2月には変態紳士クラブとして新木場スタジオコーストにてワンマンを開催し、こちらもソールドアウト。2020年1月〜3月には全国30箇所以上でのクラブ/ライブハウスにてソロツアーもこなし、12月にはBACHLOGIC全曲プロデュースのEP『EAZY EAZY』を配信リリース。 2021年5月には変態紳士クラブとして初のフルアルバム『ZURUMUKE』を配信リリースし、iTunes、Apple Music、LINE musicにて総合1位を獲得。2億回再生を突破したシングル「YOKAZE」で「ミュージックステーション」や「THE FIRST TAKE」への出演も果たし話題となった。さらに6月にはSNSを中心にバズを起こしていた未発売の楽曲「Our Style」を正式リリースし、新たに制作されたリリックビデオは 1ヶ月で280万再生超え、 楽曲再生数は1ヶ月で900万回を超え、LINE MUSICではMVウィークリー1位、 ソングリアルタイム2位、Billboard JapanではHeatseekers Songs3位、ソロとして初のトップ100入り(50位)を獲得するなど、さらなる話題となった。 2022年1月にはBESやISSUGIを迎えたEP『NOT FOR RADIO』をリリース。2月には変態紳士クラブとして初の武道館公演を達成。 そして、満を持して3年振りにリリースされるソロ・フル・アルバムが『COUNTER』だ。 また、Levi’s、adidas、Reebok、Diesel、Black Eye Patch、Calvin Klein、COLEMAN、Tight Booth、H&Mなどのファッション/スポーツブランドのモデルとしても採用されるなど、次世代のアイコンとして断トツの人気を誇る。

    アーティストページへ


    WILYWNKAの他のリリース
  • Brasstracks

    アーティストページへ


    Brasstracksの他のリリース

1%