Texture Webのジャケット写真

Texture Web

-

Koji Nakamura

Texture Web

  1. OP-3 from Texture01
  2. TTntokon from Texture02
  3. Prometheus from Texture03
  4. RIP from Texture04
  5. NOX from Texture05
  6. _OOooOO_ from Texture06
  7. Pupa from Texture07
  8. Ending Is Beginning from Texture08.wav
  9. Plus Ultra from Texture09
  10. Tokyo from Texture10
  11. 911 from Texture11.
  12. A from Texture12
  13. Summer Rave from Texture13
  14. preludio from Texture14
  15. The Dark Ages_First Light from Texture15
  16. Summer Girl Neru from Texture16
  17. Kanoise from Texture17
  18. Cepter New from Texture18
  19. Sorrow from Texture19
  20. carrie_76 from Texture20

Koji Nakamra(LAMA, Nyantora, ex. Supercar)が2014年よりスタートさせた、CDRのみで販売されているTextureシリーズ。ナカコーの作品すべての通ずるテクスチャー音源集。2020年5月現在で、20枚に及ぶ作品が発表されている。コレクターも多く、発売するもすぐ完売をくり返している作品。そのTexureシリーズの各作品より1曲づつTexture webとしてプレイリスト化。ナカコーが運営するレーベル「Meltointo」音源としては初のサブスク解禁となる。

過去ランクイン

Texture Web

Apple Music • エレクトロニック トップアルバム • 日本 • 39位 • 2020年6月3日 Apple Music • エレクトロニック トップアルバム • 台湾 • 64位 • 2020年6月2日 Apple Music • エレクトロニック トップアルバム • オーストラリア • 198位 • 2020年7月4日

Koji Nakamura

ナカコーことKoji Nakamura。1995年地元青森にてバンド「スーパーカー」を結成し2005年解散。その後、ソロプロジェクト「iLL」や「Nyantora」を立ち上げる。その活動はあらゆる音楽ジャンルに精通する可能性を見せメロディーメーカーとして確固たる地位を確立し、CMや映画、アートの世界までに届くボーダレスなコラボレーションを展開。その他remixerとしても様々なアーティトを手がけ遺憾なくその才能を発揮している。現在はフルカワミキ、田渕ひさ子、牛尾憲輔と共にバンド「LAMA」として活動。そして、2014年4月には自身の集大成プロジェクトKoji Nakamuraを始動させ「Masterpeace」をリリース。同年10月には大阪クラブクアトロ、名古屋クアトロ、恵比寿リキッドルームでワンマンライブを行った。キャリアを重ねつつも進化し続けるナカコーを示唆するライブとなった。現在は、Koji NakamuraとアンビエントプロジェクトNyantoraや、ダークロックユニット「 MUGAMICHILL(ナスノミツル、中村達也、ナカコー)」を中心に活動中。また、2017年4月よりスタートした”Epitaph”プロジェクトは、CDリリースやダウンロード販売を想定せず、ストリーミングのみをターゲットとし、プレイリスト(≒アルバム)は、ナカコーの新作でありながら、彼の気分でそこに収められている曲が変わり、バージョンが変わり、曲順すら変わっていた。1ヶ月に1度2~3曲アップロードされており、DAW+アクセスモデル時代の新しい表現のトライだった。プロジェクトスタートより約2年。そして前作より約5年。2019年6月26日に「Epitaph」を遂にCD化する。また、7月12日から放映される関西テレビ連続ドラマ「潤一」の主題歌と劇伴音楽を担当。さらに、7月5日から放映される連続ドラマ「WOWOWオリジナルドラマ アフロ田中」のメインテーマ曲と劇伴音楽を担当など、幅広く活動中

アーティストページへ

Meltinto