March (feat. Ruri Matsumura, Haruka Yabuno & Nathan Blankett)のジャケット写真

歌詞

March

Noriaki Hosoya

Time spins in the slightest blink of your eyes Morning will bring me back with the melodies

I see the season drift away

And it would never come back to play with me

Like she’s just gone

Although the memories will fade

Forever it lives inside my heart to give me strength and warmth

March is my favorite time of the year Love is awaiting me over the doorways

When you come back to meet again

I will tell you just how much you gave me all the strength I would love to hug you in my arms

And say you’re the light of my life, my sweetest heart

Time spins and brings us back to the memories Winding the road, we go with the melodies

I see the seasons start to change

They would never come back to play with me like we were gone But through the memories we’ll stay

Forever we live inside your heart to give you strength and warmth

Marching into the heart of the weary

Dark night will end when the stars come shining through

When you come back to meet again

I will tell you just how much you gave me all the strength I would love to hug you in my arms

And say you’re the light of my life, my sweetest heart

  • 作曲

    Noriaki Hosoya

  • 作詞

    Ruri Matsumura

March (feat. Ruri Matsumura, Haruka Yabuno & Nathan Blankett)のジャケット写真

Noriaki Hosoya の“March”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

  • ⚫︎

    March (feat. Ruri Matsumura, Haruka Yabuno & Nathan Blankett)

    Noriaki Hosoya

世界中で活動しているコンテンポラリー・ジャズ・ベーシスト細谷紀彰が、Tokyo Jazz 2020出演を果たしたヴォーカリストRuri Matsumuraを迎えた自身初のヴォーカル楽曲。Ruri Matsumuraによる叙情的な詞に、細谷の描く欧州ジャズの匂いを感じるメロディーを乗せた。
共演ミュージシャンに、細谷同様に国際的活動が目立つピアニスト藪野遥佳、イスラエル人ドラマーNathan Blankettとの国境を超えたリモートコラボレーションを実現させ、失われつつある色彩を取り戻すかのようなポスト・コロナ時代への希望を表す前向きな楽曲となっている。

アーティスト情報

  • Noriaki Hosoya

    アメリカ・ボストンのバークリー音楽大学でMatthew Garrison、Greg Hopkinsにそれぞれベース・作曲を師事した後、2006年に同校Performance科、ジャズ作曲編曲科を卒業。2010年よりドイツ・ベルリン在住。2011年よりシンガーRachelle Jeanty(ex. セリーヌ・ディオン)のバンドの音楽監督及びベーシストを兼任、2016年トルコの代表的なジャズフェスティバルAlanya Jazz Festivalに出演。同年、日本に完全帰国し、東京に活動の拠点を移す。 日本に帰国後も欧州ツアーで頻繁にヨーロッパ各地を訪れ、近年は在独時から活動を共にしているFalk Bonitz TrioやSwansong Trioの来日公演ツアーも好評を博しており、これまでに拠点としていた日本、アメリカ、ドイツの他、イギリス、オランダ、ベルギー、イタリア、ルクセンブルグ、オーストリア、ポーランド、ウクライナ、ジョージア、トルコ、イスラエルでの演奏経験を持ち、日・英・独3カ国語を駆使して国際的に活動中。 リーダーアルバムは、2010年リリースの「Noriaki Hosoya Trio Landscapes」及び2017年リリースの「Noriaki Hosoya European Trio / Eye of the Day」。2020年に自身初のヴォーカリストを招いたシングル「Noriaki Hosoya (feat. Ruri Matsumura, Haruka Yabuno & Nathan Blankett) / March」をリリース。

    アーティストページへ

  • Ruri Matsumura

  • Haruka Yabuno

  • Nathan Blankett

"