トラックリスト

  • Play music
  • Play music
  • Play music
  • Play music
  • Play music
  • Play music
  • Play music

※ 試聴は反映までに時間がかかる場合があります。
※ 著作権管理団体が管理する楽曲は試聴できません。

Mondo Grosso、瘋癲のMC、ソロアルバム3枚と数々の客演を展開し28年にも及ぶ活動実績を誇るB-BANDJ(ビーバンジー)がMbanja Ritchy(エム バンジャ リッチー)としての first single 「Stay The Course」を盟友のDJSHARKを招いてリリース。文学性の高い深みのあるRhymeにDJSHARKの奏でる唯一無二のスクラッチが融合した他では味わえないGrooveを体感して欲しい。

アーティスト情報

  • MBanja Ritchy

    カメルーンとフランスの血筋を持ち、英語、フランス語、日本語を操るトリリンガルラッパー。 フランスの高校を卒業後に国籍をフランスから日本に居を移す。 その後、大沢伸一がリーダーを務め、ジャズ楽曲を中心としたバンド、MONDO GROSSOのメンバーとしてMCを担当。93年にはアルバム「MONDO GROSSO」でメジャーデビューを果たし。セカンド「Born Free」リリース後にはバンドとしてヨーロッパ・ツアーを成功させるなど、世界的な評価を得る。 MONDO GROSSOの活動と並行しながら近藤等則やMonday満ちるの作品への参加、そしてソロ・アルバム「BREAKING BARRIERS(1996)」のリリースなど、ソロ活動の比重も高くなり、1996年にグループを脱退。 1990年代後半には「BEAT TRICKS」のメンバーだったDJ SUWA、「NAKID ARTZ」のMCMILI ドラマーのM.FUJITANI、と共に瘋癲(ふうてん)を結成。のちにM.FUJITANIと「Cool Struttin'」で活動していたギタリストGUROも参加して現在の瘋癲に至る。 また、ソロとなる2作のアルバム「Stad In The Light(1998)」、「Keep It Real(2004) 」、のリリースやDJ SHARKとのコラボレーションなど、ヒップホップへの傾斜を更に強めながら、様々なジャンルの要素を取り入れた彼のルーツがわかる作品に仕上がっている。 近年ではラップスター誕生で記憶に新しい、実の息子のJuaとのコラボでも多数の楽曲を発表している。 「B-BANDJ」のリリックとスキルは多くのミュージシャンに影響を与え、ヒップホップのみならずジャズやサントラなど様々なジャンルを超えて数々の客演参加を果たし、国境を越えて支持されている。

    アーティストページへ

five Love Production