のジャケット写真
「潤一」オリジナルサウンドトラックのジャケット写真

「潤一」オリジナルサウンドトラック

-

Koji Nakamura

「潤一」オリジナルサウンドトラック

  1. プロローグ
  2. 家庭
  3. 変化
  4. 記憶
  5. 喫茶店
  6. ベッド
  7. BAR
  8. 制作
  9. BGM
  10. ワイン
  11. 環のテーマ
  12. 観覧車
  13. おんぶ
  14. 潤一と環
  15. 出会い
  16. 「S」
  17. 自転車
  18. 穴Ⅰ
  19. ヘッドフォン
  20. 穴Ⅱ
  21. パーティ
  22. 穴Ⅲ
  23. 時間経過
  24. 買い物
  25. 病院
  26. 病院Ⅱ
  27. 無理すんな
  28. 潤一と瑠衣
  29. 濃い男
  30. 二人で歩く
  31. BGMⅡ
  32. 喫茶店Ⅱ
  33. 夜のジャングルジム
  34. カレー
  35. エンディング (EP3 long ver.)
  36. エンディング (long ver.)
  37. エピローグ

Amazonプライム・ビデオやiTunesでの配信ランキング1位を記録した志尊淳主演の話題のドラマ「潤一」サウンドトラック。8月14日発売のLPエディションが発売され、ko今回配信ではフルバージョンで収録。

劇中の音楽を担当したのは、最新作「Epitaph」が話題のナカコーこと。すべての楽曲を彼自身が手掛け、緻密で繊細に構築された楽曲群は彼の最新作「Epitaph」とも何処か共鳴するインストゥルメンタルを中心にヴォーカル曲も含む全38曲を収録。フルカワミキ、勝井祐二、沼澤尚、益子樹といった盟友らも参加し、サウンドトラックではあるが、ドラマ同様にエモーショナルな音像を想起させる。

ジャケットデザインは、本編中にも頻繁に出てくる主人公・潤一の好きな飲​​み物(カルピス)がグラスに注がれたユニークで印象的なものになっている。

Koji Nakamura

ナカコーことKoji Nakamura。1995年地元青森にてバンド「スーパーカー」を結成し2005年解散。その後、ソロプロジェクト「iLL」や「Nyantora」を立ち上げる。その活動はあらゆる音楽ジャンルに精通する可能性を見せメロディーメーカーとして確固たる地位を確立し、CMや映画、アートの世界までに届くボーダレスなコラボレーションを展開。その他remixerとしても様々なアーティトを手がけ遺憾なくその才能を発揮している。現在はフルカワミキ、田渕ひさ子、牛尾憲輔と共にバンド「LAMA」として活動。そして、2014年4月には自身の集大成プロジェクトKoji Nakamuraを始動させ「Masterpeace」をリリース。同年10月には大阪クラブクアトロ、名古屋クアトロ、恵比寿リキッドルームでワンマンライブを行った。キャリアを重ねつつも進化し続けるナカコーを示唆するライブとなった。現在は、Koji NakamuraとアンビエントプロジェクトNyantoraや、ダークロックユニット「 MUGAMICHILL(ナスノミツル、中村達也、ナカコー)」を中心に活動中。また、2017年4月よりスタートした”Epitaph”プロジェクトは、CDリリースやダウンロード販売を想定せず、ストリーミングのみをターゲットとし、プレイリスト(≒アルバム)は、ナカコーの新作でありながら、彼の気分でそこに収められている曲が変わり、バージョンが変わり、曲順すら変わっていた。1ヶ月に1度2~3曲アップロードされており、DAW+アクセスモデル時代の新しい表現のトライだった。プロジェクトスタートより約2年。そして前作より約5年。2019年6月26日に「Epitaph」を遂にCD化する。また、7月12日から放映される関西テレビ連続ドラマ「潤一」の主題歌と劇伴音楽を担当。さらに、7月5日から放映される連続ドラマ「WOWOWオリジナルドラマ アフロ田中」のメインテーマ曲と劇伴音楽を担当など、幅広く活動中

アーティストページへ

Meltinto