トラックリスト

  • Play music

※ 試聴は反映までに時間がかかる場合があります。
※ 著作権管理団体が管理する楽曲は試聴できません。

今までライブでしか聴くことのなかった有理の最初期のオリジナル楽曲を、改めて音源化。仲の良かった友達をいつの間にか好きになってしまった戸惑い、そんなちょっとセンチメンタルな思い出を歌い上げた一曲。

過去ランキング

最初から君を

iTunes Store • J-Pop トップソング • ドイツ • 1位 • 2021年12月21日

アーティスト情報

  • 有理

    シンガーソングライター/神奈川県出身 「生まれはクラシック、育ちはロック、奏でる音はアコースティック」をキャッチコピーに、神奈川・東京のライブハウスを中心にアコギ弾き語りで活動中。 京都の大学にて声楽を専攻。饗場知昭氏に師事してオペラとミュージカルに目覚める。「若きソリストたちの夕べ」などでソロステージをこなす他、在学時より京都オペラ協会の公演に合唱で参加。また、ベートーヴェン《第九》やモーツァルト《レクイエム》など多くの舞台にも関わる。 しかし、ギターを弾き始めて以降、急にロックに傾倒していく。Eric ClaptonからLed Zeppelin、Iron Maiden、そしてSex Pistols。その流れからか第二文芸部にはまると、milktub、ニューロティカ、30%LESS FAT、Spud、GELUGUGUなど今更ながらに範囲を広げ、ライブハウスに入り浸る様に。気付けば自らのステージもコンサートホールからライブハウスへ・・・ 2014年、オバイブ系コピー・カバーライブ「OVXF」(新宿ANTIKNOCK)にアコースティックカバーバンドOSS47のギター担当として出演。 その後、OSS47の活動を継続する傍らでG-factoryの主催するセッション会にヴォーカル枠で参加するようになり、やがてアコギ弾き語りカバーのステージパートを担当する形でソロデビュー。 以降は様々なライブでソロミュージシャンとして活動している。(OSS47も継続中) 現在はオリジナル楽曲を中心に演奏。ボーカルレッスンをSpudの川上次郎氏に師事。 【主な活動ライブハウス】 「東京」 新宿FATE(新宿OREBAKO)、 代々木Barbara、 池袋CANOPUS 「神奈川」 川崎BOTTOMS UP、 GIGS YOKOHAMA TSURUMI 「埼玉」 北浦和AYRES

    アーティストページへ


    有理の他のリリース

カモンレコーズ