ワンファミリー ~みんなひとつの家族~のジャケット写真

歌詞

ダサい僕の恋の歌

古市佳央

僕は忘れない あの日の君の涙声

他愛もない喧嘩だと思ってた

君が大事なはずなのに

邪魔するプライド

素直になれれば楽になれたのに

忘れたい思い出 忘れない想い

出会いたい 君を超える

誰かにそんな希望(ゆめ)を見てきた

君の幸せを願う僕と

君を待っているダサい僕と

どちらも本当の気持ちなのさ

今なら言えるよ

「君を手放したくはない」

僕は忘れない あの日の君の笑う顔

いつまでも見ていたいと思ってた

目をつむればスクリーンに

君の笑い顔

でも君の瞳に僕は映らない

楽しい思い出 切ない想い

出会いたい 君を消して

誰かに そんな希望(ゆめ)を見ていた

君が嫌いだと言いたい僕と

君がただ一人好きな僕と

どちらも本当の気持ちなのさ

今なら言えるよ

「ずっとそばにいて欲しい」

君の幸せを願う僕と

君を待っているダサい僕と

どちらも本当の気持ちなんだ

今なら言えるよ

「君を手放したくはない」

  • 作曲

    八文字 裕紀

  • 作詞

    古市佳央

ワンファミリー ~みんなひとつの家族~のジャケット写真

古市佳央 の“ダサい僕の恋の歌”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

  • 1

    50年後の君へ

    古市佳央

  • ⚫︎

    ダサい僕の恋の歌

    古市佳央

  • 3

    ワンファミリー ~みんなひとつの家族~

    古市佳央

古市佳央と八文字裕紀が贈る。1曲目「50年後の君へ」は、知覧の特攻平和会館に展示されている、特攻隊の方の手紙を読み、涙しました。あと50年後に生まれていたら・・。2曲目の「ダサい僕の恋の歌」は、何気ない喧嘩から別れてしまう恋人がいる。プライドが邪魔してやり直そうと言えない男の歌。3曲目「ワンファミリー 〜みんなひとつの家族〜」この地球に住む人は、みんな繋がっている。争うのではなく分け合おうと呼びかける地球へのラブソング。

アーティスト情報

  • 古市佳央

    2000年より講演家として活動を始め、2016年よりオリジナルソングを歌い始め、歌う講演家として活動を始める。人生の経験から得たメッセージソングは、子供から老人まで幅広く感動を与え続けている。ライブや講演会は20年で1300回を超えた。

    アーティストページへ

"