Blue (feat. 友田 絢)

  1. Blue (feat. 友田 絢)

昨年、新アルバムリリース直後に収録曲2曲がSpotify バイラルトップ 50(日本)にて、それぞれ1位・2位にランクイン。さらに今年2月にリリースされた新作2曲を含む

5曲がSpotify公式プレイリストにてピックアップされるなど、無名ながら何かと話題をさらうKotaro Saito(齊藤 耕太郎)が2019年3月6日(水)に新曲「Blue」をリリースする。

今作ではヴァイオリニスト友田 絢をフィーチャーし、キレのある感情的なヴァイオリンの音色を基調にKotaro Saitoらしい生楽器と電子音が融合させた生命力あふれる楽曲に仕上がっている。指板を駆る指、弦を往復する弓から漏れる激しい吐息、そしてピアノの旋律とシンセサイザーの妙がまるで歪み黎明期のロックにも似たグルーヴを生み、聴き手のペースを一気に飲み込む。そんな緻密に計算されたKotaro Saitoのシナリオは一度あじわえば「また体験したい」そんな衝動を感じられるはずだ。

彼が提唱する「Life Style Music」とは、聴くことを目的とするのではなく何気ない日常のシーンをブーストするもの。新曲「Blue」は朝の目覚め、出勤時の電車の中、旅立ちの日など、何かの「スタート」にスパイスを加える演出をしたい際にぜひ聴いていただきたい。

Kotaro Saito

作曲家、音楽プロデューサー。 中学3年間をインドで過ごし、独学でピアノと作曲を習得。慶應義塾大学を経て 博報堂に新卒入社。5年で独立し国際連合・ワコールなどのCM・舞台・ショー音楽制作を開始。2018年リリースの「BRAINSTORM」より「秒の間」「Brainstorm」がSpotifyバイラルトップ50(日本)で1位、2位となり話題になる。またアルバム曲「Love Song」は現在八景島シーパラダイスナイトショー「LIGHTIA」のメインテーマ、BSスカパーの番組「PARA SPORTS NEWS アスリートプライド」のエンディング曲に。2019年にリリースした楽曲全てがSpotifyの公式プレイリストでピックアップされ、台湾のバイラルチャート入りも果たし、活動領域をグローバルに展開中。 (オフィシャルウェブサイト www.kotarosaito.com)

アーティストページへ

MuLogica