B-side BEST (1999-2009)のジャケット写真

歌詞

オリオンのうた

マシリト

不思議なエモーション

ベランダに立つ姿を

何度も重ねては何となく消える

夏は二回通り過ぎて

三度目に君はいなかった

四季は流れコンクリートな空の時だけ

思い出すように

出会いと別れ

じゃあこれは何ていうの

水面に落ちた小石の波紋

答えを探してる

半透明な青春をして

焦げてゆく自分を笑った

外は曇りガラス越しに

雨上がりの予感

オリオン座は凍りついて

瞼の奥に刻み込んだ

夏は水溜りを残しつつ

去っていった

答えを探してる

それでも探してる

半透明な青春をして

焦げてゆく自分を笑った

外は曇りガラス越しに

雨上がりの予感

オリオン座は凍りついて

瞼の奥に刻み込んだ

夏は水溜りを残しつつ

去っていった

  • 作曲

    印藤勢

  • 作詞

    印藤勢

B-side BEST (1999-2009)のジャケット写真

マシリト の“オリオンのうた”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

活動休止前に発表した「歩道橋7」、「ブルーフィルム」、「ジェネス16thオムニバス」「38strings」に収録していた曲をコレクションとして集めた音源集をストリーミング限定で配信。

アーティスト情報

  • マシリト

    1999年、幼馴染である印藤勢(Vo、Gt)と川敦(Ba)により地元・練馬にて結成。 2008年リリースの4th Album「違和感を唱え終わりの鐘が鳴る前に」より石川大輔(Dr)加入。 8年の充電期間を経て、2017年活動再開。 邪悪なリフワークと対照的な歌謡センス、文学的とも喩えられる詩はファンタジーとリアルを行き来する人々に依存性が強い。

    アーティストページへ

ANTIKNOCK RECORDS

"