B-side BEST (1999-2009)のジャケット写真

歌詞

月と森の青年団

マシリト

いつも語り合った

どうして森は深い

でも確かに月を見てる

そう遠くへは来てないぜ

時々イヤになるよ

誰かに教わるなら

ほら背伸びしたくなるよ

そう遠くへは来てないぜ

免許なんて要らない

自信過剰は少しナンセンス

後遺症は消えない

いつも語り合った

どうして森は深い

でも確かに月を見てる

そう遠くへは来てないぜ

標識は要らない

自信過剰は少しナンセンス

興味本位でしかない

なくしたはずの一欠片が

誰かの手には溢れて見える

忘れたことも忘れたまま

ガスの切れたライター

なくした地図を笑う人は

口元だけは歪んでいます

名前のない星に願いを

青年よ

永遠に

青年よ

永遠に

なくしたはずの一欠片が

誰かの手には溢れて見える

忘れたことも忘れたまま

ガスの切れたライター

なくした地図を笑う人や

隣の席は汚れて見える

名前のない僕らに愛を

青年よ

永遠に

青年よ

永遠に

  • 作曲

    印藤勢

  • 作詞

    印藤勢

B-side BEST (1999-2009)のジャケット写真

マシリト の“月と森の青年団”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

活動休止前に発表した「歩道橋7」、「ブルーフィルム」、「ジェネス16thオムニバス」「38strings」に収録していた曲をコレクションとして集めた音源集をストリーミング限定で配信。

アーティスト情報

  • マシリト

    1999年、幼馴染である印藤勢(Vo、Gt)と川敦(Ba)により地元・練馬にて結成。 2008年リリースの4th Album「違和感を唱え終わりの鐘が鳴る前に」より石川大輔(Dr)加入。 8年の充電期間を経て、2017年活動再開。 邪悪なリフワークと対照的な歌謡センス、文学的とも喩えられる詩はファンタジーとリアルを行き来する人々に依存性が強い。

    アーティストページへ

ANTIKNOCK RECORDS

"