JAM TARTのジャケット写真

歌詞

MOONWALK

UCURARIP

今に僕らを置き去りにしたくて

時間が進むから時計は見ないで

話が尽きたなら晴れを言い訳にして

夜の散歩 電車は気にしないで

こっち向かない横顔

そっと横目で捕らえるも

きっとこの沈黙もまた

いつか茶に砂糖とかして

底から想い掬いあげて

君と感傷会でも開こう

あの街まで月を目印にして

あの街まで歩いていける

あの街まで月を言い訳にして

あの街まで歩いていける

I’m feeling love for you

片手に普段は買わないサイダー

無理やりの振る舞い 日常への抵抗

炭酸強くてまるで今日みたいな

抜けてしまう夢の味がした

一層弱った街灯

立ったまま眠る自転車

チカッと光ったライトが

反射板に返って

僕の視界を奪って

滲んだこの夜に君が浮かぶ

あの街まで月を目印にして

あの街まで歩いていける

あの街まで月を言い訳にして

あの街まで歩いていける

I’m feeling love for you

  • 作曲

    UCURARIP

  • 作詞

    UCURARIP

JAM TARTのジャケット写真

UCURARIP の“MOONWALK”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

JAM TART

UCURARIP

R&BやHIPHOPに通づる体揺れるビートと、ミニマルなフレーズがループするサウンドに混ざる、メロウでキャッチーなボーカルメロディが特徴的。グルーヴィでゆったりとした大人のためのPOPS。

アーティスト情報

  • UCURARIP

    UCURARIP(ウクラリープ) “美しい引き算”をテーマに掲げ、ブラックミュージックをルーツに持つ「ジャンル・フルイド」な5人編成バンド ゆったりとカラダ揺れるサウンド、口ずさみたくなるを追求したメロウな歌メロ、ダブルミーニングを駆使した文学的な歌詞が特徴。

    アーティストページへ

"