spaces

  1. earth
  2. nightfall
  3. little
  4. glass
  5. seashore
  6. space

ポップなエッセンスを含んだ曲を多く発表してきたakisaiが、本作ではシネマティックなサウンドスケープへと誘います。
前作「re:consideration」の流れを汲み、アンビエント・ドローンの要素を多く取り入れつつ、ローファイな音響処理を施したピアノを中心とした穏やかで深淵な音空間を構築しています。
幻想的なアートワークはkoichi nakaieによるもので楽曲のイメージをさらに拡張します。

akisai

鈴木要と中家紘一によるSound / Visualプロジェクト。 結成以降、自由な創作活動の場として実験的な表現を追求しながら不定期に作品を発表する。 エレクトロニカ、アンビエント、アコースティックなど様々な聴覚的要素を取入れた音楽性と、想像力を揺さぶる繊細で多彩なビジュアルイメージを双方の感性を融合させながら表現の形を構築する。 その中で独自の世界観を空間演出や楽曲、映像提供、プロジェクトへの参加などから多面的に発信を続ける。 近年は個々の活動の幅を広げながら各分野の可能性を模索し、緩やかに変化を重ねる自身のスタイルへ還元する。 作品制作を継続していくと同時に、既成の枠にとらわれない様々な分野に関わる表現者・空間・媒体との、 感覚を共有する新たな試みを追求していく。

アーティストページへ

akisai