Nighttime Renderingのジャケット写真

Nighttime Rendering

トラックリスト

※ 試聴は反映までに時間がかかる場合があります。
※ 著作権管理事業者等が管理する楽曲は試聴できません。

現在プレイリストイン

Homeward

Apple Music • ジャズシーン:日本

過去ランキング

Nighttime Rendering

Apple Music • ダンス トップアルバム • マカオ • 1位 • 2023年12月12日 iTunes Store • ダンス トップアルバム • 日本 • 1位 • 2023年12月6日 Apple Music • ダンス トップアルバム • 日本 • 18位 • 2023年12月8日 Apple Music • ダンス トップアルバム • 香港 • 44位 • 2023年12月12日 Apple Music • ダンス トップアルバム • 韓国 • 62位 • 2023年12月12日 Apple Music • 総合 トップアルバム • マカオ • 66位 • 2023年12月12日 Apple Music • ダンス トップアルバム • 台湾 • 67位 • 2023年12月12日 iTunes Store • 総合 トップアルバム • 日本 • 76位 • 2023年12月8日 Apple Music • ダンス トップアルバム • インドネシア • 100位 • 2023年12月20日 Apple Music • ダンス トップアルバム • フィリピン • 172位 • 2024年3月4日 Apple Music • ダンス トップアルバム • フィンランド • 190位 • 2023年12月18日

Homeward

iTunes Store • ダンス トップソング • 日本 • 35位 • 2023年12月9日

In the night

Apple Music • ダンス トップソング • マカオ • 89位 • 2023年12月12日

A letter from you

Apple Music • ダンス トップソング • マカオ • 93位 • 2023年12月12日

Sad rain

Apple Music • ダンス トップソング • マカオ • 180位 • 2023年12月29日

Cuffing

Apple Music • ダンス トップソング • マカオ • 100位 • 2023年12月12日

過去プレイリストイン

Stargazer

Spotify • New Music Everyday - tuneTracks (curated by TuneCore Japan) • 2023年12月6日

アーティスト情報

  • PAX JAPONICA GROOVE

    神戸市生まれ。明治大学政経学部卒業。アーティスト・作詞・作曲・編曲。 レーベル「Office Premotion」主宰。黒坂修平によるソロプロジェクト。 代名詞である哀愁と美しくも疾走感のあるピアノの旋律とエレクトロサウンドの融合で数々のヒットをリリース。 航空会社スターフライヤーの歴代ボーディングミュージックや、報道ライブ「ミヤネ屋」のOP曲、teamLabによるデジタルアートコンテンツのサウンドデザインなども手掛け、東京オリンピック2020、北海道日本ハムファイターズの勝利曲、などTVラジオなど多数メディアで楽曲利用される。 2006年、Monday満ちるやJUJUをゲストに迎えたデビュー作「PAX JAPONICA GROOVE」以来、そのほぼ全ての作品がAmazonランキング(CD)1位、iTunesダンスチャート1位にランクイン。 2013年レーベル「Office Premotion」をローンチ。 2016年11月には「もしもしにっぽん@東京体育館」ではメインステージにて琴・尺八・三味線とコラボした初の和楽器セットで出演。 2017年7月には幕張メッセで行われたモンスターストライクのライブエンターテインメントショー「XFLAG PARK2017」のオープニングパフォーマンス(演出/佐々木敦規氏、パフォーマンス/サムライロックオーケストラ、映像/ライゾマティクス )の楽曲を制作。 同年9月にはRedbullアスリートJason Paulの最新映像の吉田兄弟によるテーマ曲に参加 。 2018年1月には代官山UNITにて「音とインタラクティブエキシビジョンの融合」をテーマにテクノロジーを駆使したワンマンライブを実施。 また、渋谷ヒカリエにて開催された「バイトル presents チームラボジャングルと学ぶ!未来の遊園地」(2017年)、シンガポールはマリーナベイサンズにおける「Strokes of Life 」(2017年)、お台場にて森ビル✕チームラボのミュージアム「チームラボボーダレス」(2018年)、セントレア空港における「フライト・オブ・ドリームズ」にて、チームラボが担当する航空をテーマにした常設展示の体験型コンテンツ(2018年)などのチームラボによるデジタルアートコンテンツのサウンドデザインに参加。 2020年、世界最大級のEDMメディア「EDM.com」にてプレミア公開され「Wired Future」を皮切りに海外マーケットをも視野にいれ、2021年YouTube再生数2億回超え、ダンスミュージック界の2大スター、Martin GarrixとDavid Guettaのコラボ楽曲「So far Away」の歌声で世界的に知られるRomy Dyaや人気番組「アメリカンアイドル」のファイナリストで知られるRobbie Rosenなど豪華ゲストを迎え「Off World」をリリース。また同時に夏をテーマにしたサイドプロジェクト「EMO9Y」をローンチ。 2022年には「FANTASIAS」をリリース。2020年以来、海外のiTunes/Apple musicダンスチャートにおいてもオーストリア1位、フィリピン1位、マカオ1位、トルコ2位、台湾4位、フランス6位、カナダ10位、など様々な国々でランクイン。 2023年6月、オリジナルとしては14枚目となるニューアルバム「Middle of Nowhere」をリリース。

    アーティストページへ


    PAX JAPONICA GROOVEの他のリリース

office premotion