股旅のジャケット写真

歌詞

Gap to Kub (feat. MILES WORD)

DUSTY HUSKY

( DUSTY HUSKY )

宇宙の中心から送るぜリスペクト

Ma bro この言葉借りるよ

今どの道を浮浪 ヘビーオフロード

何処にいたとしても中央 ここしかないっしょ

舐めたらアカン 砕くキャンディ

余裕くちゃくちゃチューイン 始まりがブーイング

終わりがピースに変わったあの日

他人がどうこうじゃ辿り着けない

くわえ煙草に火 やつのポッケに小銭

手合わすよりもげん担ぎ

お前誰よって興味ない 言わない

伝えたい時だけ言う DUSTY HUSKY

リリ搾るのにWeeが無けりゃ

NAGのビートの上 ヤニクラで吐きそう

キャパい時こそ飛ばすハナクソ

キャパ良い感じなら始めよう

We Livin’ so Free I Show Real

おろす親指 Boo Boo Boo

We Livin’ so Free I Show Real

たてる親指 Goo Goo Goo

前方後方 ガッとなってカッ

左右巻き込んじゃ ガッとなってカッ

廻せ回せ ガッとなってカッ

上がりたいんだろ ガッとなってカッ

縛られるのとか興味がない

だって俺Mじゃないし

他の事なんか興味がない

だって俺は俺 掴むMIC

お前は何する 俺ならMake It M U S I C

何処にいたって俺は俺だろ Finest of MVC

( MILES WORD )

Smash On Da Beat From M.V

M.W. with Dusty Husky

確かなShit. Now 2020

ガッとなってカップ へーきへーき

寒けりゃ火囲んであったまってさ

Shiiiで飛んでBlaze あっちゅーまってか

えらいもんでTing a Ling鳴っては

またFlip Da Game 企んでRun

Ya Face, Mirror 死んじゃいねーな

Show me luv 現金じゃねーやつ

お前は平気か ピースの静止画

It's like生理前のスケみたいなフラグ

メンツとタイミング 夜おだいじん

Sunsetのセガとか半端ないし

センスとRhymin' 最新を配信

DeepにDiving D.L.I.P. Uprising

We Livin’ so Free I Show Real

おろす親指 Boo Boo Boo

We Livin’ so Free I Show Real

たてる親指 Goo Goo Goo

前方後方 ガッとなってカッ

左右巻き込んじゃ ガッとなってカッ

廻せ回せ ガッとなってカッ

上がりたいんだろ ガッとなってカッ

縛られるのとか興味がない

だって俺Mじゃないし

他の事なんか興味がない

だって俺は俺 掴むMIC

お前は何する 俺ならMake It M U S I C

何処にいたって俺は俺だろ Finest of MVC

  • 作曲

    NAGMATIC

  • 作詞

    DUSTY HUSKY, MILES WORD

股旅のジャケット写真

DUSTY HUSKY の“Gap to Kub (feat. MILES WORD)”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

  • 1

    深夜特急

    DUSTY HUSKY

  • 2

    YAVVVA

    DUSTY HUSKY

    E
  • 3

    KASHMIR

    DUSTY HUSKY

    E
  • 4

    世界の斜道から

    DUSTY HUSKY

    E
  • 5

    JOYA

    DUSTY HUSKY

  • 6

    ザ・シーズン (feat. JAMBO LAQCUER)

    DUSTY HUSKY

  • ⚫︎

    Gap to Kub (feat. MILES WORD)

    DUSTY HUSKY

    E
  • 8

    股旅のテーマ

    DUSTY HUSKY

  • 9

    Don't Make Such A Fuss!

    DUSTY HUSKY

  • 10

    MoVe

    DUSTY HUSKY

  • 11

    アトガキ

    DUSTY HUSKY

    E

タイはバンコクを拠点に置きながら活動し、日本のみならず各地を股旅し続けた2年間。そこで吸い込んだモノを吐き出した、DUSTY HUSKYによる3枚目のフルアルバムがついに完成した。

「このアルバムを表現するにあたり、タイで1番遊んだ友達、"Dope Smiley.K" に紹介してもらうのが一番だろう。アリガットカッ」

…ある時から「服を裏返しに着る男」こと、Dusty Huskyが毎年バンコクを訪れるようになったのは2015年だったと思う。
彼は此処を訪れる度に、この地で生きるためのノウハウや経験・知識・各種様々な体験を吸い込み続けているため、彼の「グルーヴ」を感じる機会は以前よりも遥かに増えたと思う。
そんな彼を思い出すときに、真っ先に脳裏に浮かぶ幾つかの場面がある。

「あそこは絶対に良い皿がありそうなんだよね〜」
「良さそうなレコード屋があるんだよね〜」

そんな抽象性の極みを尽くしたような根拠のない確信を原動力に、
尽きることのない情熱を武器に、正体不明のレコードを掘り当てては、
それを印籠のように掲げて、Digの成果を報告してくれる場面だ。

それ以外の記憶といえば…
イナタイ場末のローカルなクラブでナンパされた彼女ヅラした女に「他の女と話してた」という理由で怒られる姿や誰にも伝わらないであろうギャグを模索している場面とか…
30代半ばとは思えないリベラルでラディカルな記憶もあるけど、
今回めちゃくちゃ入稿焦らされてるし、Bullshitな話は自重します、あはは…。

そんな中(どんな中だ?)、厳しい検閲をすり抜けて彼から届いたアルバムは、
俺が気になっていた「股旅」の目的・概念を明白にしてくれた作品と言えるかもしれない。

特に最近の彼は「旅」を中心に人生を回すことで、経験・音・人間関係を吸い込み、前作と新作の合間を紡ぐようにして「作品」を吐き出す、
という新たなサイクルを作り出していることが、よく理解できた。

Dusty Huskyは規格外のタフネスを携えている男だが、
それと同時にブルースを内包した生きるドキュメンタリー作品のような人間に感じる。

高級レストランで使われなかった不格好な肉
汚れの落ちていない傷の入ったグラス
ドラッグを使ってでも眠らずに客を探すタクシー運転手
銘柄のわからないネガティブの原液
知らない言葉や共通する表情

彼が股旅で吸い込んだ有象無象は間違いなくこの作品の上に吐かれていた。
作中に出て来る固有名詞の多さから彼の足取りを辿ることができるのも、
今作のひとつの魅力と言えるだろう。

俺にとっての同世代のヒーローであり、日本国産のベストMCの1人がDusty Huskyだという事実を
再び更新してくれたことに敬意を払うしかありませんでしたよ、ほんとにもう!!

過去ランキング

Gap to Kub

iTunes Store • ヒップホップ/ラップ トップソング • 日本 • 155位 • 2021年1月30日

過去プレイリストイン

Gap to Kub

Spotify • New Music Everyday - tuneTracks (curated by TuneCore Japan) • 2021年1月30日

アーティスト情報

  • DUSTY HUSKY

    For DISH LABEL IN POSSHI ANYTIMES MC. SOMETIMES BEAT MAKE and DJ. ALLTIMES DIGGIN’… 神奈川県藤沢市 = MOSS VILLAGE JPNを代表するヒップホップレーベルDLiP RECORDSを自身達で運営し、 2015年に1st Album「DhUuSsTkYy」、2018年に2nd Album「WHY NOT」をリリース。 これまでにDINARY DELTA FORCEとして3枚のAlbum(3rd albumはALL prod.by MARCO POLO Duck Down)とSEGA FRONT GIANTSとして1枚のAlbumをリリース。 また、MCだけでは無く、日本・世界中を飛び回り、 まだ見ぬレコ箱から宝を見出すDIGGERとして、数タイトルのMIX CDをリリースしている。 2019年にはタイのバンコクに拠点を置き、活動の拠点を日本各地からアジアを軸に股旅。 その2年間の集大成となる3rd Album「股旅」をリリース。 2020年のコロナ以降は日本に滞在しながらも、タイ、コロンビア、ベネズエラ、南アフリカ、フランスなど、世界各地からのオファーを受けワールドワイドに活動。 そして、2023年8月に4th Album「DAAM」をリリースする。

    アーティストページへ


    DUSTY HUSKYの他のリリース
  • MILES WORD

    自身が所属するグループBLAHMRYとして数々の作品をリリース。 その日本人離れした独自のFLOWとREALにエグく突き刺す、 切れ味の鋭いLYRICは噂がウワサを呼び、数々MCたちの作品に客演として参加。 さらには、MC BATTLEでもそのSKILLを遺憾なく発揮し名を馳せ、彼の名前は着実にシーンに浸透していった。 そして、満を辞して、2014年12月24日、DLiP RECORDSの屋台骨、NAGMATICのTAGによって生まれたアルバム「INPOSSHIBLE」を発表。 配信を行った海外のDLサイトにおいて異常な数のDL数を叩き出すなど、日本を越えてその作品は評価された。 そして、そのALBUMリリースツアーで全国を回った際に出会ったのが、福岡を拠点としワールドワイドに暗躍するOlive Oil。 そんな彼と共に奇跡のJOINT ALBUM「WORD OF WORDS」を2016年11月23日にリリース。 多の追槌を許さない唯一無二の世界観は、HIP HOPというジャンルを超えて全てのシーンへ衝撃を与え、 【 MILES WORD 】というMCの”ヤバさ”を全国へと知らしめる結果となった。 彼の吐き出すRAPは、どこまでも黒いにも関わらず、ジャンルに縛られない自由さを兼ね備える。 常に全て自分の色に染め上げながらも、どんなBEATであっても見事に乗りこなす驚くべきセンスを備え、 HARDな日常を鋭い視点と独特の言い回しでREALに表現するリリシストは、どんなBEATでもブレることがないのである。

    アーティストページへ

DLiP RECORDS

"