アバンチュールのジャケット写真

歌詞

髪、切りました。

神樂ありあ

そういえば昨日 誕生日だったね

今さら関係ないけどさ

誰といるんだろう どこにいるんだろうって

ふと考えたりしちゃうなぁ

乗り換えで降りた新宿駅で 水色の匂いがしたから

あたしはついつい振り返ってしまった

もうすれ違っても気付かないかもしれない

別にあなたのために伸ばした訳じゃないけれど

この長い髪を切る前には

もう一度だけただあなたに逢っておきたかったわ

あの頃みたいに髪の毛を 触ってもらえなくても

そういえばあの日 遠慮した本音

「今さらごめんね なんでもないよ」

嫌われまいと曖昧に濁した言葉が

呪文のように首を絞めつける

赤信号抜けて次の角を右に曲がったところには

きっと後悔が立っているから

あたしは進むの あなたから一歩遠い未来へ

別にあなたのために伸ばした訳じゃないけれど

この長い髪を、切りました。

別にあなたが傍にいてくれたからって

毎日がハッピーだった訳じゃないよ

でも隣でずっとくだらないことで笑い合えたら

不幸せや不安な未来も 愛してゆける気がしてた

あなたが想い出す 長い髪のあたしはどこにもいないんだよ

こうして少しずつ知らない他人になって

サヨナラした日にもさようなら。

  • 作曲

    神樂ありあ

  • 作詞

    神樂ありあ

アバンチュールのジャケット写真

神樂ありあ の“髪、切りました。”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

アバンチュール

神樂ありあ

『恋は盲目、愛は猛毒。』女のリアルを抒情的に歌うシンガーソングライター、神樂ありあのファーストミニアルバム。どこか懐かしくも心地よいバラード"Add"から始まり、日常の些細な不満や葛藤を繊細に描き出す"メイク落とし"、奔放な主人公が暴走する"プレイガール"、自身の代表曲とも言える"kiss mark"まで収録された、ファーストにして初期集大成の作品。

過去ランキング

髪、切りました。

iTunes Store • J-Pop トップソング • イタリア • 1位 • 2020年3月8日

アーティスト情報

  • 神樂ありあ

"