virginのジャケット写真

歌詞

セイレーン

Hecatoncheir sisters

パールの色した空に

太陽は霞んで

削れた岩を 風が 撫でていく

深海の静かなリズムに

飽きてしまったの

不規則な波と 舞い上がる鳥の声

彼方に私の声が

届かなくていいから

今夜は独り唄わせて

月が翳るまで

光る遺伝子のクラゲ達

星空みたいに夜を照らす

アカシックレコード読み解いて

いつか起源の元へ

円盤は揺らめいて

砂浜に不時着する

私達 皆クローンになって

宇宙を旅するの

彼方に私の声が

届かなくていいから

今夜は独り唄わせて

月が翳るまで

  • 作曲

    Hecatoncheir sisters

  • 作詞

    スマイユウキ

virginのジャケット写真

Hecatoncheir sisters の“セイレーン”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

virgin

Hecatoncheir sisters

Hecatoncheir sisters ファーストミニアルバム’virgin’
結成後すぐ、初ライブより前に録った正真正銘の初期衝動。ガレージロックとも違う、ブルースロックとも違う。コンセプトがあるわけでもない。ただただ「Hecatoncheir sisters」が聴きたい。俺ら自身、そう思った。
’virgin’なのは今の俺ら。今は白いがこれから黒くも赤くも青くもなる。ずっと白くありたいとは思わない。だから音で残した。’virgin’

アーティスト情報

  • Hecatoncheir sisters

    Hecatoncheir sisters 大阪発のロックバンド。詩的な歌詞をストレートなサウンドに乗せて圧倒的なステージングを見せる。 今、大阪で一番熱いシーンを演出するのはこのバンド。

    アーティストページへ

"