Asiaticのジャケット写真

歌詞

TEARS (feat. Indie Szuffing & ROOZ)

JOE IRON

涙を流し

誰かが笑う

I just wanna chill yeah

Give me love

涙を流し

誰かが笑う

I just wanna chill yeah

Give me love

Eh two face

俺は乗らねー出来レース

よれてるくらいがちょうどいい

おかしな日常がサイクル

回る回る f*ck you

おしつぶされてスーサイド hell

十歩進んでも明日は13 back

Sideフロント dirty yeah

毎度毎夜やばいや

Around me

Higher, higher

毎度毎夜やばいや

Around me

Higher, higher

また誰か泣いてる f*ckin' night

You & I secret ポケットにはなにも入ってない

I want, I need a b*tch, cash, drug, beats

咲いた花も 枯れ落ちた 涙と星が

流れるf*ckin' night

涙を流し

誰かが笑う

I just wanna chill yeah

Give me love

自分の事ばかりじゃダメ

人は結果ばかり見てる yeah yeah

I don't give a f*ck

自慢できるのはやってきた事だけ yeah yeah

なんだかんだ楽しむ為金かせぐ

アンバランスでもなんとかここに立ってる

ワンパターンかツーパターンしかねー頭ん中

なんだかんだ楽しむ為金かせぐぜ結局

まだ途中の遠足

未完成の演奏

どれほど歩いて掴めるか願いなんて形になってくかどうか

このまま変わらずいれればいいな

そう願って皆んなかわっちまって俺もかわっちまったな ってもう大人

日本のシステム

なんか守るよりその前に

やらなきゃいけない事ばっかで忙しい

忙しい

稼いだ金であれを買う 身なり整え

どこでも遊びにいける

金を財布ん中入れないと

始まる訳がねー

俺のドラマ

涙を流し

誰かが笑う

I just wanna chill yeah

Give me love

涙を流し

誰かが笑う

I just wanna chill yeah

Give me love

  • 作曲

    JOE IRON

  • 作詞

    JOE IRON, Indie Szuffing, ROOZ

Asiaticのジャケット写真

JOE IRON の“TEARS (feat. Indie Szuffing & ROOZ)”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

「アジアティーク」は、日本のトラップミュージックのパイオニア、JOE IRONの2枚目のスタジオアルバムです。

アーティスト情報

  • JOE IRON

    ロサンゼルス出身の日系アメリカ人であり、現在は東京に拠点を置く高く評価された音楽プロデューサー、作曲家、音響技術者です。JOE IRONは「Japanese Trap Music」ジャンルのパイオニアとして知られており、またAmapiano、Dance、Popなどの様々なジャンルでのチャート・トップを続け、過去10年間にわたって数多くのナンバーワンヒット曲を生み出し、アジアで最も求められるプロデューサーの一人としての実績を残しています。 一方で、成功にもかかわらず、JOE IRONは謙虚で、常に自身の技術に集中しています。彼は新しい音やスタイルに常に挑戦し、音楽に可能性の限界を求め続けています。彼の芸術に対する献身は、業界の同僚たちから尊敬され、音楽界における真のイノベーターとしての地位を確立しました。彼が制作する曲には、常に素晴らしい音楽を制作する情熱が感じられ、ファンたちは彼の次のリリースを熱望しています。JOE IRONの自己犠牲的な音楽制作への献身は彼の成功の証であり、音楽業界で高い評価を受ける理由の一つです。

    アーティストページへ


    JOE IRONの他のリリース
  • Indie Szuffing

    アーティストページへ

  • Rooz

    ROOZ is a member of West Tokyo hip hop duo A-Dawgz.

    アーティストページへ

Air Tight Music Group

"