Asiaticのジャケット写真

歌詞

Onslaught (feat. TAKUMA the Great)

JOE IRON

Power game にゴマスリ業界系と忖度

Real とか fakeとか境界線はどこだ?

誰もが夢見る living like a Rockstar

バズるためなら

"Who can be more f*cked up?"

その正体は世間ではトレンドと言う

また食い物にされてくタレントと youth

Drugs, money & power 大いに結構

それが Rapper なりの communication?

ほら誰かが interview で説く理想論

一周廻って結局黒人ごっこ?

必死にキャラ作り、シャツに汗染み

金に地位

駆け引き

偽る identity

Bring the onslaught

Bring the onslaught

Bring the onslaught

I got 電動ノコギリ

Bring the onslaught

Bring the onslaught

Bring the onslaught

全部を殺しに

Bring the onslaught

全部を殺しに

Bring the onslaught

全部を殺しに

Bring the onslaught

全部を殺しに

Bring the onslaught

全部を殺しに

あれま、あれま、

どいつもこいつも

いきなり started singing

恥ずかしげも無く晒せるな

その意味無い中身の lyrics

キャッチーなrapって勘違いしてるだけ

How many rapper's now?

その足りない頭で考えても無駄勝手に頑張んな

何かが流行るとこぞって擦り寄る too many we have seen

Stage 上でモブって ワーワー言うだけ chimpanzee

Rapの中身より、ファッションのこだわり、インスタは how many likes?

Sneaker に5万も掛けてるのに、地に足が着いていない?

また調子良く、承認欲求

Stop making these ゴミ曲

Same style

(同じオケ?)

Same flow

(Go f*ck yourself)

まるで The Matrix Agent Smith

増える copy cats, they make me sick

Somebody please stop those bozos

アホどもにマホトーンを (Shut up)

Bring the onslaught

Bring the onslaught

Bring the onslaught

I got 電動ノコギリ

Bring the onslaught

Bring the onslaught

Bring the onslaught

全部を殺しに

Bring the onslaught

全部を殺しに

Bring the onslaught

全部を殺しに

Bring the onslaught

全部を殺しに

Bring the onslaught

全部を殺しに (Shut Up)

Shut up

Shut up

  • 作曲

    JOE IRON

  • 作詞

    JOE IRON

Asiaticのジャケット写真

JOE IRON の“Onslaught (feat. TAKUMA the Great)”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

「アジアティーク」は、日本のトラップミュージックのパイオニア、JOE IRONの2枚目のスタジオアルバムです。

アーティスト情報

  • JOE IRON

    ロサンゼルス出身の日系アメリカ人であり、現在は東京に拠点を置く高く評価された音楽プロデューサー、作曲家、音響技術者です。JOE IRONは「Japanese Trap Music」ジャンルのパイオニアとして知られており、またAmapiano、Dance、Popなどの様々なジャンルでのチャート・トップを続け、過去10年間にわたって数多くのナンバーワンヒット曲を生み出し、アジアで最も求められるプロデューサーの一人としての実績を残しています。 一方で、成功にもかかわらず、JOE IRONは謙虚で、常に自身の技術に集中しています。彼は新しい音やスタイルに常に挑戦し、音楽に可能性の限界を求め続けています。彼の芸術に対する献身は、業界の同僚たちから尊敬され、音楽界における真のイノベーターとしての地位を確立しました。彼が制作する曲には、常に素晴らしい音楽を制作する情熱が感じられ、ファンたちは彼の次のリリースを熱望しています。JOE IRONの自己犠牲的な音楽制作への献身は彼の成功の証であり、音楽業界で高い評価を受ける理由の一つです。

    アーティストページへ


    JOE IRONの他のリリース
  • TAKUMA the great

    アーティストページへ

Air Tight Music Group

"