the Odysseyのジャケット写真

歌詞

the long sleep

牧野容也

長い夜の明けた先は、風が吹き荒ぶ冷たい朝焼け。

膝をついた馬車の先に、赤い灯が灯る。

轍の彼方に。

落ちた穂が舞う、風のまにまに。

一つずつ陽が当たる。

黄金色をした雨に。

西の空に逃げた鳥の果ては見られない。

何を捧げても!

霧の中に見えた森は、雨に濡れている。

獣が吠える夜。

袖についた煤の跡に、ひとり灯を点す。

言の葉が舞う、風のまにまに。

少しずつ降り積もる。

透き通った二つの傘に。

開けた窓の外を渡る風は暖かい。

何を運んでも!

  • 作曲

    牧野容也

  • 作詞

    牧野容也

the Odysseyのジャケット写真

牧野容也 の“the long sleep”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

小鳥美術館、GUIRO、Hei Tanakaと、15年以上にわたり、ギタリストとして活動を続けてきた牧野容也ソロ名義によるファーストアルバム。
 家族の誕生、仲間との別離、パンデミックが起こる中で、自分の音楽と向き合ったときに自然と紡がれた言葉と歌。

聴き手の暮らしに溶け込むようにアレンジされた楽曲には、あだち麗三郎、カナミネケイタロウ、カミヒラヨウコ、山口春奈(Dew)、西尾賢(ソボブキ)、古川麦、など多彩なゲストが参加。
 例えばギターを弾いていなかったら、バンドを始めていなかったら、家族を作らなかったら、今ほどは感謝を感じて暮らしていなかったかもしれない。
そうであったかもしれない自分と、そうかもしれない誰かに慰めと励ましを贈る全8曲。

アーティスト情報

  • 牧野容也

    牧野容也 シンガーソングライター、ギタリスト。 1984年愛知県名古屋市出身。14歳からギターを始め、16歳で初めてステージを経験。 現在まで、小鳥美術館、GUIRO、Hei Tanaka、山口春奈(Dew)など様々なバンド、サポートで活動の幅を広げる。 穏やかで耳障りの良い声と、指弾きで紡がれる透明感のあるギターの音色が特徴で、 普遍性のあるメロディーに乗せられた歌詞は、今を生きる人々の暮らしに優しく寄り添う。 2021年4月1stソロEP「グッド・バイ」をリリースし、 2022年7月、1stソロアルバム「the Odyssey」をリリース。 2023年6月、2ndソロアルバムをリリース予定。 一男二女の父。

    アーティストページへ


    牧野容也の他のリリース

HIPPOlabel

"