Celestialのジャケット写真

歌詞

Emerald

kaamos from tokyo

期待していたんだ

夢は呑まれていった

眠れない夜明けを背に

あの日僕を殺めた

モンスターは

未だ何処かで笑ってる​

仮面が剥がれ落ちた

偽りのエンターテイメント

崩壊寸前で逃避行

ワインのボトル空にして

脳内は今日もファンタジー

世界の終わりを横目に

救いを求め手を伸ばしてみても

答えはまた出ないまま

チェスボードの上でノックダウン

いつものことさ

勝者も敗者も決まりきった

ゲームに終わりはないらしい

ねぇ見ないで

ねぇ見つけ出してよ

ねぇ見ないで

ねぇ見つけ出して

期待していたんだ

夢は呑まれていった

眠れない夜明けを背に

あの日僕を殺めた

モンスターは

未だ何処かで笑ってる

聞きたくないや耳塞いで

なんて汚い嘘ばっかなんだ

誰も彼も

まやかしの地図は捨てて

愛した人に別れを

叫べ 叫べ

信号は曖昧に点滅イエロー

拍車かかる焦りを

足踏みでビート刻んで

誤魔化してみる

気取ったポーカーフェイスだって

解れてしまうだろうに

ねぇ触れて

ねぇ踏み込まないで

ねぇ触れて

ねぇ踏み込まないで

泣き喚く声は雑踏に

罰のない罪が犯されて

ずるい奴らが上へ登ってく

狂ってるのはこの世界だ

​先が見えないと嘆いたって

ボロボロだって生きていくんだ

今日を明日を

​期待していたんだ

夢は呑まれていった

眠れない夜明けを背に

あの日僕を殺めた

モンスターは

未だ何処かで笑ってる

聞きたくないや耳塞いで

なんて汚い嘘ばっかなんだ

誰も彼も

まやかしの地図は捨てて

愛した人に別れを

叫べ 叫べ

  • 作曲

    kaamos from tokyo

  • 作詞

    em

Celestialのジャケット写真

kaamos from tokyo の“Emerald”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

東京発エレクトロ・ポップバンドkaamos from tokyoの初となるミニアルバム。

アーティスト情報

  • kaamos from tokyo

    「カーモス」=「極夜」を具現するエレクトロ・ポップバンド。em(Singer)、HOPE:D(Synthesizer/Guitar)を中心に結成。シーケンスの重低音に遊びの効いたウワモノとビートを重ね、独自の「踊れるポップ」を構築する。

    アーティストページへ

"