DOPANESEのジャケット写真

歌詞

Lullaby

TAKUMA the great, JOE IRON

昨晩見た夢の内容は鮮明

海外フェスでライブ

それもmain stage

キャパは万人規模

巨大ハイビジョン

日本人のRapperが上げる大金星

舞台袖でstand by

Beatが鳴り

埋まる会場全体人の波

Then crowd started

Chanting my name "T.K!"

バックには Kopero

Ay yo 待たしたね

いつものcombination

に合わすパターン

Bars after bars

ポケットに札束

いきなりjackpot

I throw the peace sign

これでしなくていいねローンの心配

This is it

This is the way it

Supposed to be

Stageを縦横無尽

夢見もすごくいい

だが突然耳元鳴るアgame

いつもの天井がまた告げる朝

Last night I had a dream

It was so vivid

Felt like I'm living the life

That has no limit

夢から覚めて

Back to reality

ギャップを埋めるためのリハビリ

声にならないが上げる雄叫び

灰の中探す

情熱の種火

それでも夢見るまだ足らない

Beatsとrhymeで作るlullaby

卒アルに書いた将来の夢

写真を見つめても答えちゃくれねぇ

10年後は何になりたい?

作文の代わりに書いたpunchline

「世界を飛び回るプロのラッパー」

それは今も変わらずに大人になった

話しゃあキリない

たらればの話

だが貫いてきた馬鹿げたこだわり

ただのHip-Hop

好きや流行好き

少し違うねRap skill至上主義

どっかの地下のclub

Show & Prove

塩対応なあの子も豹変する

確かな手応え

飛び乗る始発

少しだけ増えたfan

Twitterにprops

夢見た自分になれますか?

夢で逢えたら素敵

ラッツ & スター

Last night I had a dream

It was so vivid

Felt like I'm living the life

That has no limit

夢から覚めて

Back to reality

ギャップを埋めるためのリハビリ

声にならないが上げる雄叫び

灰の中探す

情熱の種火

それでも夢見るまだ足らない

Beatsとrhymeで作るlullaby

  • 作曲

    JOE IRON

  • 作詞

    TAKUMA the great

  • プロデューサー

    JOE IRON

DOPANESEのジャケット写真

TAKUMA the great, JOE IRON の“Lullaby”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

DOPANESE

TAKUMA the great, JOE IRON

台灣と日本のハーフラッパー、
TAKUMA the greatと、LA出身の日系4世のプロデューサー、JOE IRONによるジョイントアルバム、「DOPANESE」がついに完成。
国内外問わず活動して来た二人が、お互いの国際色豊かな活動背景を通し、様々なアイデンティティーをサウンドに落とし込んだ今作は、インターナショナルな二人の世界観を垣間見る事が出来る作品になっている。

客演には台灣よりMC耀宗、LA出身のTONY INKWELL、TAKUMAが所属するクルー、HOOLIGANZより万寿とBAN、そしてその歌声に惹かれ、TAKUMAが直々にオファーをした女性シンガー、Sayumiがアルバムを華々しく彩る。

アルバムのタイトル通り、DOPEなJAPANESE達による、「世界と勝負出来る日本人」、DOPANESEがここに降臨。

アーティスト情報

Air Tight Music Group / Hooliganz & Co.

"