トラックリスト

  • Play music
  • Play music
  • Play music
  • Play music

※ 試聴は反映までに時間がかかる場合があります。
※ 著作権管理団体が管理する楽曲は試聴できません。

母なる星と、未来の想い出。

SF小説から着想した1stアルバム『INNOCENCE』、日本近代文学の「愛」を音像化させた2ndアルバム『I LOVE YOU,』を世に問うたlasah。実に4年ぶりとなる待望の3rdアルバム『MOTHER』は、日本が生んだ不世出の才能・手塚治虫に触発された作品。火の鳥、鉄腕アトム、ジャングル大帝、ブラック・ジャック……綺羅星のように輝く傑作群から抽出された「母」の諸相は、暗闇の宇宙空間を幻のように照らす「母なる星」を想起させる。

作家陣には『クロノ・トリガー』『ゼノギアス』などで知られる作曲家・光田康典、USインディーミュージックの伝説的アーティストであるThe Album Leafをはじめ、同人音楽の枠を超えて活動する稀代のコンポーザーbermei.inazawa、カナダ在住の電子音楽家ショウハン・リームによるi am robot and proud、多彩な活動を展開する鬼才サウンドクリエイター・ピノキオピー、これまでもlasahとたびたびコラボレートしているsasakure.UKとキャプテンミライ、そして椎名もたが名を連ねる。全て本作のための書き下ろし楽曲となる。プロデュースは前2作と同様に、lasah自らが手がけた。

ほぼ全編英語による歌詞は、少女時代をアメリカで過ごしたlasahが自ら担当。今回はラップにも挑戦している。エレクトロニカ、テクノポップを基調としたトラックと融合し、国境や時代を超えた豊かな作品世界を創り上げている。

ジャケットイラストは、日本を代表する若手美術作家のひとりに数えられる大槻香奈の描き下ろし。 アートワークのデザインはYumaSaito、マスタリングは原朋信(Cafe au Label)が担当している。

現在プレイリストイン

HALLELUJAH

Spotify • omori

過去ランキング

MOTHER

iTunes Store • エレクトロニック トップアルバム • 香港 • 1位 • 2020年1月5日 Apple Music • エレクトロニック トップアルバム • インドネシア • 9位 • 2022年2月11日 iTunes Store • エレクトロニック トップアルバム • 日本 • 9位 • 2019年12月10日 Apple Music • エレクトロニック トップアルバム • ベトナム • 14位 • 2019年8月8日 Apple Music • エレクトロニック トップアルバム • タイ • 17位 • 2022年3月10日 Apple Music • エレクトロニック トップアルバム • 韓国 • 18位 • 2021年7月21日 iTunes Store • エレクトロニック トップアルバム • ドイツ • 21位 • 2022年3月18日 Apple Music • エレクトロニック トップアルバム • マレーシア • 21位 • 2021年7月9日 Apple Music • エレクトロニック トップアルバム • 香港 • 27位 • 2021年8月10日 Apple Music • エレクトロニック トップアルバム • スイス • 35位 • 2021年2月26日 iTunes Store • 総合 トップアルバム • 香港 • 36位 • 2020年1月5日 Apple Music • エレクトロニック トップアルバム • 中国 • 88位 • 2022年3月6日 Apple Music • エレクトロニック トップアルバム • 日本 • 88位 • 2019年12月27日 iTunes Store • エレクトロニック トップアルバム • アメリカ • 131位 • 2019年9月25日 Apple Music • エレクトロニック トップアルバム • 台湾 • 145位 • 2021年9月12日

MOTHER

iTunes Store • エレクトロニック トップソング • 日本 • 35位 • 2019年12月13日 iTunes Store • エレクトロニック トップソング • カナダ • 125位 • 2020年9月27日

iTunes Store • エレクトロニック トップソング • 日本 • 96位 • 2020年1月6日

HALLELUJAH

iTunes Store • エレクトロニック トップソング • 日本 • 99位 • 2019年8月20日

アーティスト情報

  • lasah

    兵庫県神戸市生まれ。 両親の仕事の都合で、生後3ヶ月でアメリカ合衆国カリフォルニア州へ。 海沿いの街で18歳まで過ごす。 幼少の頃は、青い海と青い空に囲まれながら多くの文学作品に触れ、祖父から送られる日本のゲームやアニメ、漫画にも影響を受けて育つ。 中学・高校は厳格なクリスチャン系の学校に唯一の日本人として通い、礼拝で賛美歌を歌う経験を通じて、自らの歌唱で表現することに興味を持つようになる。 その後、日本の大学進学を機に帰国。 東京大学法学政治研究科在籍中に、インターネットにVOCALOID楽曲の歌唱カバーを投稿し始め、オリジナル曲「ニルギリ」の歌唱で一躍注目を集めるようになる。 2013年にSF文学を題材としたファーストアルバム『INNOCENCE』をリリース。 完全自主制作ながら大きな反響を呼び、2014年には日本近代文学が描いた様々な「愛」を音像化することをテーマとしたセカンドアルバム『" I LOVE YOU,"』をリリースした。他アーティストの作品におけるゲストボーカルや作詞も精力的に行っている。

    アーティストページへ


    lasahの他のリリース

lasah