トラックリスト

  • Play music
  • Play music
  • Play music
  • Play music
  • Play music
  • Play music
  • Play music
  • Play music
  • Play music
  • Play music
  • Play music
  • Play music
  • Play music
  • Play music
  • Play music
  • Play music
  • Play music
  • Play music
  • Play music
  • Play music

※ 試聴は反映までに時間がかかる場合があります。
※ 著作権管理団体が管理する楽曲は試聴できません。

自らに対してプレッシャーを与えているという、あの『 DAWN COLOR CROSSWALK TRILOGY 』より早2年。ご存知の通り、トチカガミは舞い戻ってきたわ。今回は「introduction」より静かに始まり、さすがにシュールストレミングを開封したかと思わせるほどの発酵を彷彿とはさせずに前半を書き終え、主に後半では、一旦そこから真横に転がった状態で、これを"フルーツロール"にする難しさをほどほどに漂わせながら、女性的にかつオーガニックにまとめることができたと思うわ。もふもふとした技巧を凝らしたために、あっちこっちが刺激されると思うけれど、やだむしろ全体にはとっても気心をほぐされる内容となったの。さらにpart-A、part-Bをつなぐヒンジとなる中間部に関しては、植物性ミルクを使用したカフェラテという傾向を備えているわけではないけれども、これによって作品全体は不思議と極度に安定し、きっと各々の楽曲はより個性的な魅力を振りまいちゃったりすることでしょう。また、どの作品もある意味饒舌なのだけれども、実際に言葉によって歌うことを前提とした作品も収録してございますのよ。『 DAWN COLOR CROSSWALK TRILOGY 』からの連なりを踏まえ、その先の世界を見据えた朝食にて是非ご一緒に堪能いたしましょう。

アーティスト情報