So Much Love (feat. Sheef The 3rd & 安瀬まりな)

  1. So Much Love (feat. Sheef The 3rd & 安瀬まりな)

自身主宰レーベル「Bold Gamble Records」から初となる待望のシングルをリリース。Ghost Lamp主導のもと、それぞれの夢や目標に向かって生きていく中で、支えてくれる大切な人へ向けた愛に満ち溢れた今作。

新型コロナの影響や、色々な事情で会いたい人に会えない寂しさ、改めて身に染みた人の温かみを、Ghost Lampの哀愁ビートで表現。

客演には、神奈川・藤沢の2MCユニット、Blahrmyから生粋のリリシストSheef The 3rdと、Mojo the Experienceのボーカル安瀬まりな。Sheef The 3rdによる日常の出来事で感じた想いや感謝を込めたリリックに、独特のフロウが癖になる。それに対し、支えていく側の気持ちを込めた、安瀬まりなの深みと味わいのある歌声が轟く。

中盤にはDj Chooのこだわり抜かれたワードでのスクラッチが炸裂。ビート、ラップ、歌、スクラッチが絡み合い化学反応を起こした最高傑作。

Ghost Lamp

福岡県八女市出身、東京在住のプロデューサー・DJ 。2003年からDJとしての名義「Dj Choo」始動、DJバトルの登竜門「DMC」では九州代表として活躍。2008年にはDJ TA-SHIやDJ IZOHらがジャッジを務めた渋谷NO.1 DJ BATTLEで優勝するなど、数多のDJバトルで輝かしい結果を残し注目を集める。その他、島村楽器のDJ講師やDJバトルのジャッジ、PIONEERやNUMARKから発売された新機材のデモンストレーターに任命されるなど幅広く活動。また、MIXCD「HIGH LIFE」「TOY FIREWORKS」「TIME LANDSCAPE 95-99」などをリリース、現場では卓越したスキルを武器にフロアを沸かし、九州地方のクラブシーンで着実に根を張る。 2013年からプロデューサーとしての名義「GHOST LAMP」始動、地元アーティストに楽曲提供を始める。2015年に単身上京、2017年にはMEGA-Gや押忍マン、CIMAなどの話題を呼ぶ面々をはじめとした強者客演を招き、1st アルバム「DETERMINATION」やMVをリリース。その後、押忍マンや剛斗、椿などアーティストへの楽曲提供やスクラッチワークに力を入れる。 2019年にはdj hondaがジャッジを務めた国際的なビートメイキングコンテスト「FROM DUST TO GOLD」で2位入賞。また、自身主宰レーベル「BOLD GAMBLE RECORDS」を創設。その後、NASへのリスペクトを込めたリミックス集「THE LEGENDARY VOL.1」やそのインストバージョンをリリース。更には、NYからブーンバップ代表TERMANOLOGYやDUCK DOWNのRUSTE JUXX、国内では神奈川の2MCユニットBLAHRMYからSHEEF THE 3RDがシャウトアウトで参加したインストアルバム「哀愁街道」をリリースし高評価を受ける。ネオブーンバップスタイルを貫く「BOLD GAMBLE RECORDS」、これからの動きに期待したい!! CHECK IT NOW!!

アーティストページへ

Bold Gamble Records