のジャケット写真

Machineries

  1. Spring Lover
  2. Kati Kati
  3. Roll Pusher

ハードウェアを駆使して行ったセッションの模様を解体・再構築
即興演奏をベースにしてフロアを揺らすマシーンサウンド

コラボレーションシリーズ第3弾は、日本を代表するジャムバンドDachamboのMachine担当=CD HATAと、音楽制作ソフトウェア=Ableton Liveの認定トレーナーであるKOYASによるテクノデュオ。
ジャムバンドならではの勢い感覚を確かな技術で支える行きあたりバッチリな2人組の新作は、Machineをテーマにしたテクノを演奏している。
2人がテーマをキメたら、シンセサイザーやリズムマシン・エフェクターなどを楽器屋のように並べ、ハードウェアを駆使して行ったセッション録音を解体・再構築。即興演奏をベースにしながらもフロアを揺らすマシーンサウンドに仕上がっている。

CD HATA

Koyas

東京を拠点にするアーティスト・プロデ ューサー DJ Yogurt や Dachambo の CD HATA と共 に数々の作品をリリース 2013 年レーベル psymatics を設立 2014 年に日本人初の Ableton 認定トレー ナーの一人となり、音楽制作者コミュニ ティー” Ableton Meetup Tokyo” をオー ガナイズ

アーティストページへ

psymatics