Ode To Joy (feat. C3)のジャケット写真

Ode To Joy (feat. C3)

MASATO & friends

トラックリスト

※ 試聴は反映までに時間がかかる場合があります。
※ 著作権管理団体が管理する楽曲は試聴できません。

2020年コロナ禍にて7人のシンガー、3人のミュージシャン、14人のダンサーをクラウドソーシングのサイトを通して世界中からキャスティング。ベートーヴェンの第九の「歓喜の歌 (Ode To Joy )」をダンサブルなポップスにアレンジし、各地で録音・録画したデータを集めてリモート制作しました!

●リードシンガー:C3(アメリカ)
●コーラス:Lehlogonolo Seodisha(南アフリカ)、Ani De los Reyes(コロンビア)、Aurora Pinto(イタリア)、Alexey Bugaev(ロシア)、Montreea(アメリカ)、松永ちづる(日本)
●ギター:Anton Suchkov(カザフスタン)
●トランペット:Oli Parker(イギリス)
●ヴァイオリン:Olga Ilyashenko(ウクライナ)
●ピアノ:MASATO(日本)


●サウンドエンジニア:Paulo Germano(ブラジル)
●英語作詞:Gary Perlman(アメリカ)
●作曲・編曲・プロデュース by MASATO(日本)

アーティスト情報

  • MASATO

    作曲家・ピアニスト・音楽プロデューサー・ヴォーカリスト・アートディレクター。音楽を軸に1人で何役もの顔を持つマルチな「音楽クリエイター」。ビジネスマンから転身したというユニークな経歴の持ち主。 東京外国語大学卒。外資系広告会社の営業マンを経て、パリ国際アマチュア・ピアノ・コンクールを機に、30代半ばにして遅咲きのクラシック・ピアニストに転身。 現在は音楽クリエイターとして、作曲活動をメインにクラシックからポップス、R&B、ジャズ、歌謡曲、EDMまで、さまざまなジャンルをクリエイト。CMなどのメディア音楽の作曲、アーティストへの楽曲提供(日野美歌、林部智史 他)で活躍中。 クラシック曲をポップスやジャズにアレンジした楽曲をリリース中。テレビなどのメディアにも多数出演中。JASRAC会員。

    アーティストページへ

  • friends

    アーティストページへ

LUCE