正しくない音楽

  1. wAruAgAki
  2. NOIZ
  3. 自傷ヒーリング

正しくなさこそ大切で、守るべきもの。自分を曲げたくても曲げられなくて、わんわん泣く声が乱反射してつらくて。そんなぐちゃぐちゃで生々しいかたまりが、綺麗に体裁を整えられて曲になりました。日々紡がれ、歌われ、編み上げられた3つの物語をお楽しみください。全作詞・作曲:鈴木 瑞穂/全編曲:瀧山 清貴/参加アーティスト:宇田 隆志(Track1)、セキタヒロシ(Track2)、timiri toshi(Track2)

鈴木 瑞穂

東京都の西の西の方出身。ひょんなことから就職を機に佐賀県へ渡る。2年ほど経過した頃、唐突にソングライティングに目覚め、しがないOLとして働きながら曲を書き溜め弾き語りを中心に活動。 退職後は実家に出戻り、青梅市や西荻窪のライブレストラン・ライブバーにてイベントに参加するようになる。 2019年12月には、音楽ライター熊谷美広氏がプロデュースするセッションイベント「Jam For Joy」のオープニング・アクトとして南青山MANDALAのステージを踏む。 遅咲き?ってなんだそれ。「あーやりてえな!」って思ったその時が適正年齢なんだってよ。あどけなさを忘れない! 挑戦とあきらめのはざまでふるふると震えている誰かの背中にそーーーっと触れたいな。 仕事と金と夢とそこはかとない厭世を、いい感じでごちゃまぜにして曲にしちゃうんだからね。

アーティストページへ

JIRIKI RECORDS