あゆみのジャケット写真

歌詞

きしのりこ

難しい言葉を 沢山 知っている方が

多分かっこいいし モテたりもするんだろうけれど

授業も嫌いだし 宿題も適当に書いて出した

なんなら学校にも ちゃんと行ってなかったや

それでも歳だけは大人になれて

勉強も今頃楽しくなった

知ってることが増えて行くのを

小さい時みたいに嬉しく思えるんだ

悪いこともあるし いいこともあるし

不安は大人になっても消えないけれど

好きな事も増えた 好きな人も増えた

自分のことも結構好きになれた

ひとつくじけたら 自分はいらない奴だって思って

周りの視線や 言葉に傷ついた

それでも死んじゃう勇気はなくて

かっこ悪い生き方もしてきたよ

知らないことだらけの今でも

恥ずかしながら楽しく生きられてる

合わない人もいるし 会えない人もいるし

悔しい気持ちもどんどん湧いてくるけれど

好きな場所も増えた 好きな味も増えた

自分のことはまだまだわからない

今が全てのようで 今が全てじゃなくて

過去も未来も その時の今がある

誰かに誇れなくても 生きてきた誇りがある

なんだろ 結構幸せ

  • 作曲

    きしのりこ

  • 作詞

    きしのりこ

あゆみのジャケット写真

きしのりこ の“今”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

あゆみ

きしのりこ

大人の恋の甘さや切なさを歌った「幸せのイメージ」「milk&lemon」
2020年コロナ禍の中で作られ過去と現在と未来に希望を抱く新曲「今」
そして自身への応援歌でもあり、きしのりこの今の全てともいえる「私のうた」
ライブでも人気の楽曲、ついに音源化!

アーティスト情報

  • きしのりこ

    千葉県市川市出身。 幼い頃より歌手に憧れ毎日を過ごす。 小学校から長唄三味線、中学・高校ではミュージカル部に所属し、声楽とダンスを学ぶ。 東京芸術大学音楽学部邦楽科長唄三味線専攻卒業後、自ら作詞作曲を始める。 2006年9月、初のストリートライブにて自主制作CDを発表。 2008年、“ピアノ押さえ語り”スタイルを取り入れる等、表現の幅を広げるとともに活動の場を関東地区から全国へと拡げていく。 2013年、Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASUREにて自身10回目となるワンマンLIVEを決行し、成功させる。 その後も毎年ワンマンライブを開催。360度客席ホールワンマン、POPSと長唄の融合を目指したライブ、物語仕立てのライブなど唯一無二のステージを行う。 「ありがとうと笑顔を届けたい」を込めたライブ・パフォーマンスは見る者を魅了する。 2008年より市川うららFM(旧FMうらやす)にてラジオパーソナリティも務めている。

    アーティストページへ

SORARA

"