BEST 「星を射る君の音」のジャケット写真

歌詞

アポロの花

里地帰

出逢いの花 別れの涙

陽射しの中 その花は揺れた

生まれたばかりの雲を眺めてた

流れてゆくのは僕らのはずだった

黄金色に散る 目を閉じるとあなたが

手を振り滲む 夕暮れと合わさった

丘の上で 息を切らしてる

手のひらサイズの街に叫んでた

追いかけてたのはあの日のあなただった

黄金色に散る 風に吹かれ ゆらゆらと

手を振り霞む 夕暮れに合わさった

幼さ残るあなたが 花を見上げ手を伸ばす

少し照れた僕に笑い 呟いた声 今でもまだ 響く

黄金色に咲く 出逢いと別れ 繰り返し

手のひらに落ちた花弁 握り締めた

黄金色に咲く 出逢いと別れ 繰り返し

手のひらに落ちた涙と重なった

  • 作曲

    里地帰, 安岡信一

  • 作詞

    里地帰, 安岡信一

BEST 「星を射る君の音」のジャケット写真

里地帰 の“アポロの花”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

里地帰BEST ALBUM 「星を射る君の音」

誰の中にもきっとある、心の奥で響く音。
この作品に触れて下さった方が、
そんな心の音に耳を傾けるきっかけになれたら、と願っています。

忘れかけた思い出や、胸を震わせた感動の音。
きっとそれは、夜空の星をも射抜く光になると信じて。

泣いて見上げた三日月。 願いをかけた星空。
叫びたくなる衝動を二胡に乗せ、旋律に乗せ、
星を射る君の音を、思い出して下さい。

                   2020年5月 里地帰

+ + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + +

福岡を拠点に台湾などアジアで活動している二胡奏者・シンガーソングライターの里地帰。
2014年にリリースしたアルバム「宿り木の丘」以降、唄人羽の安岡信一氏をサウンドプロデューサーに迎え数々の作品を生み出してきた。
今作はその6年に及ぶ歳月の集大成とも言えるベストアルバム。
StudioLb12・ZETTONにより全曲リマスタリングされた楽曲は、サウンドに輝きが増した。

代表曲「彼方の風」や「霞桜」、そして新たに制作された新曲「黄昏の帰る町」を含む唄もの楽曲を収録したdisk1、「雷馬」や今作のために録り下ろした「彼方の風(二胡)」等、二胡によるインストゥルメンタルの楽曲を収録したdisk2の二枚組全25曲入り。

アーティスト情報

  • 里地帰

    里地帰の奏でる音楽があなたにとって 「ふる里の地のような帰れる居場所」の1つでありたい。 福岡を拠点に台湾、香港、中国などアジアで活躍する二胡奏者・シンガーソングライター 里地帰(さとちき)。 ギターから始まった音楽活動は、すでに15年を超え、 二胡奏者としてライブ活動だけにに留まらず、台湾政府主催のイベントなどへ招かれる機会も多数。 音楽を通した国際交流にも力を注いでおり、特に台湾との親交は深い。現地の小学校で演奏会を行ったり、二胡団体との交流イベントを実施したりと多岐に渡る。 また、二胡教室を主宰するなど伝統楽器の普及活動にも力を入れる。

    アーティストページへ

NICOLO

"