B-side BEST (1999-2009)のジャケット写真

歌詞

hurry hurry

マシリト

若かったあの海を思い出す

淡い風

ありだっけ吸い込んだ

空さえ霧雨模様で

少年メカニズムをポケットから

落っことして

来てしまったようだ

長かった一日の終わりに

冷め切った言葉が電話越しに

塞ぎ込んだ

少年メカニズムをポケットから

落っことして

来てしまったようだ

路地裏に

やがて雲は流れ時は流れ

足早に過ぎる季節はただ

乾いた手を差し伸べる君に

振り返ることもせずに去りゆく

懐かしむ部屋

寄りかかる窓

ひんやりとして

臆病さにいま気付いた

手首に描いた

赤い直線

ぼんやりとして

雲は流れた

やがて雲は流れ時は流れ

足早に過ぎる季節はただ

乾いた手を差し伸べる君に

振り返る

雲は流れ時は流れ

抜け殻を埋める僕の顔に

縁取る小さな小さな雫の跡

春を待ちきれず空を仰ぎながら

  • 作曲

    印藤勢

  • 作詞

    印藤勢

B-side BEST (1999-2009)のジャケット写真

マシリト の“hurry hurry”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

活動休止前に発表した「歩道橋7」、「ブルーフィルム」、「ジェネス16thオムニバス」「38strings」に収録していた曲をコレクションとして集めた音源集をストリーミング限定で配信。

アーティスト情報

  • マシリト

    1999年、幼馴染である印藤勢(Vo、Gt)と川敦(Ba)により地元・練馬にて結成。 2008年リリースの4th Album「違和感を唱え終わりの鐘が鳴る前に」より石川大輔(Dr)加入。 8年の充電期間を経て、2017年活動再開。 邪悪なリフワークと対照的な歌謡センス、文学的とも喩えられる詩はファンタジーとリアルを行き来する人々に依存性が強い。

    アーティストページへ

ANTIKNOCK RECORDS

"