しんあいの色のジャケット写真

歌詞

悔しさと安心の狭間で

土佐拓也

36.8℃の微妙な熱の中 君に会いに行く上りの電車で

たぶんね気のせいだよと言いきかせながら

君に少しだけ悪いと思ってる

あれこれと1日を想像してみたら

きっと僕らもっと近づいていくから

僕は下りの電車に乗り換えてもと来た道を引き返す

悔しさと安心の狭間で揺れながら

ホントの愛なんて僕はまだ分かりやしないけれど

ただ君を大事にしたい

さっき通ったばかりの改札がこんなに

行きと違ってて閑散としてる

たぶんね気持ち一つで こんなにも景色が

変わってくるんだな 君は凄いな

あれこれと1日を練り直してたら

きっとこれで良かった 間違いじゃなかった

僕は下りの電車に乗り換えてもと来た道を引き返した

その途中 君からの「大丈夫?」が優しくて

さっきまでの戸惑いともどかしさが消えていった

ただ君に想われるだけで

離れてゆく街も流れてゆくビルも

ここにいると手を振っていた

僕は下りの電車に乗り換えてもと来た道を引き返す

悔しさと安心の狭間で揺れながら

ホントの愛なんて僕はまだ分かりやしないけれど

ただ君を大事にしたい

  • 作曲

    土佐拓也

  • 作詞

    土佐拓也

しんあいの色のジャケット写真

土佐拓也 の“悔しさと安心の狭間で”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

土佐拓也5枚目のフルアルバム。
様々な人間ドラマが描きだす「しんあい」。
それは親愛なのか、はたまた真愛なのか、それとも深愛なのか、その他数多くある中から、自分なりの「しんあい」を見つけ出して欲しい。そんな思いを込めて作られた1枚。

アーティスト情報

"