Diary Front Cover

Lyric

Diary

Lil taro boy

たとえば苦手なもの教え合って

お揃いだったあなたとでさえ

やっていけないってこととか発見

いくら物分かりが良くなっても

赤く染まるバッテリーと西の空

雑に済ます仕事と一人のご飯

忙しいなんてのはいつものことか

気がついたら

埋めすぎちゃってた余白

置いてきたものが恋しくなって

渋くて苦いものも美味しくなって

あらがってたものが微笑み出しても

まだわからないとか言って

逃げてみせる

余裕があれば観れたドラマを切って

映画みたく生きる憧れた人生

後悔はないとか

言うタイプじゃないし

たまに後ろ振り返るの許しちゃう

自分に

また言い聞かす

「もっとシンプルに」

大人に近づきたいこのfeelings

そしてガキみたいにthinking

矛盾してばかりの俺の日記

伸びてきた影ブリーチした髪

色褪せたくらいで捨てられない過去

愛おしくすら感じる古い痛み

高いビルの隙間日差しを睨む

なんとか重要な場面に

巻き込まれたくて

あてもなく彷徨ってる

Monday to Sunday

読み返す暇だってほとんどないけど

続き書かせてよ

赤く染まるバッテリーと西の空

雑に済ます仕事と一人のご飯

忙しいなんてのはいつものことか

気がついたら

埋めすぎちゃってた余白

置いてきたものが恋しくなって

渋くて苦いものも美味しくなって

あらがってたものが微笑み出しても

まだわからないとか言って

逃げてみせる

  • Lyricist

    Lil taro boy

  • Composer

    Lil taro boy, famousboy

Diary Front Cover

Listen to Diary by Lil taro boy

Streaming / Download

  • ⚫︎

    Diary

    Lil taro boy

A unique sensibility unseen in the Japanese rap scene.
It involves a simple yet profound choice of words that resonate with daily life and a sincere drive for improvement.
While his music is influenced by a wide range of styles, glimpses of his distinctive character shine through, expressing a kind of sharp determination to forge his own path.
His sound and flow embody a modern approach, while the lyrics, exclusive to him, ride along-making Lil taro boy's new track a noteworthy highlight.

Artist Profile

  • Lil taro boy

    東京を拠点に活動するラッパー。サウンドクラウドラッパーがシーンに大きな影響を与えた頃楽曲制作を始めたLil taro boyは、例に漏れず「Lil」を冠し活動を開始。平凡なリアルを離れずに表現を模索する彼のリリックには正直でユニークなワードが並び、その親しみやすさがヒップホップファンのみならず幅広い層の共感を呼んでいる。2021年には1st EP「時間芸術」、2023年には2nd EP「To me」をリリース。2023年より中目黒SolfaでのHip Hop / Base Musicパーティー「HOPES」を主催している。

    Artist page


    Lil taro boyの他のリリース
"