Kodokuのジャケット写真

歌詞

夜を泳いだ

Ruby Seaside

数えきれぬほど夜を泳いだ

少しだけ触れた指先が今も心を温めて

明日の光を遠ざけるように夜を抱いて

灰になった過去を愛している

溢れた優しさは今はもうないから

枯れ果てた日常を過ごすばかりで

まだ滲んだままの愛情が

気持ちを歪ませて

流れる星に一つ願う

明日が消えてしまうことを

過ぎ去ってゆく日々と

追いつかない私の気持ち

明るさで星は見えないのに

前に進めない気持ちが照らされる

何もなかったあの頃に戻れたら

重ねた優しさを今もまだ忘れずに

残された日常を過ごすばかりで

まだ滲んだままの眼差しは

あなたを想うのに

期待してないからって

嘘をついた

溢れた優しさは今はもうないから

枯れ果てた日常を過ごすばかりで

まだ滲んだままの愛情が

行き場を探して

流れる星を探すために

ずっと夜を泳いだ

  • 作曲

    カイル

  • 作詞

    カイル

Kodokuのジャケット写真

Ruby Seaside の“夜を泳いだ”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

Ruby Seasideの初となるフルアルバムはアルバムタイトルの通り、"孤独"をテーマとした10曲となっている。鋭利なギターロックから、ゲストボーカルを
招いてのポップな曲も含めたバラエティー性のある作品。

アーティスト情報

"